小嶋社長を有罪だとして
小嶋社長の刑事裁判の議論には、煮え切らないものを感じています。藤沢の耐震偽装された物件の引き渡しの時期の微妙さが問題になっていない点です。

検察としては、そこを追究されたくはないのかも知れません。そうなると、国交省の中での出来事を暴いていかなくてはいけなくなってしまいますから……。

ところで、問題の藤沢の物件で被害にあった人たちにとって、これが詐欺だと認められたところで、メリットは少ないのではないかと思います。もちろん、罰を下して欲しいという気持ちはわからないでもないのですが……。

仮に、藤沢の人たちの被害が詐欺によるものだとしたら、損害の回収され方が変わってくるのではなかと思います。違法建築があることが前提になり、その引き渡しによって損害が生じたことになると思います。マンションが計画され、それが建築確認され、建設されるというプロセスの責任を求めることが難しくなってしまうと思います。

その一方で、現行では無理かも知れませんが、建物を販売という行為の重大さから考えて、違法建築や欠陥建築を引き渡すということ自体に罪を認めることもできるのではないかと思います。

後で問題が発生するような物件を販売したということについては、原因の如何を問わず、また、知らなかったとしても、罰することができるようにすれば良いと思います。そうすることで、販売前の徹底的な調査が必須になります。それは、業者の意識を高めることにつながります。瑕疵担保責任についての考え方を拡大して考えれば、不可能ではないと思います。

免許をともなう行為でもあるので、もっと業者に大きな責任を負わせることも可能だと思います。そうなれば、微妙な問題の取り扱いを苦慮する必要はなくなります。

それでも、実際の問題としては、性能不足のような問題を指摘したり立証したりすることさえ大変だとは思いますが……。

「弱い故意」というような曖昧な概念でこじつけようとすることで、矮小化された議論になっていると思います。
[PR]
by gskay | 2009-03-09 01:20 | 真相 構図 処分