コメントへのコメント

コメントをみていて、今まであまり重視していなかったヒステリックな反応のディテールが、急に気になりはじめました。

「都営は狭いから引っ越したくない」発言は、擁護の余地がないと思います。話題として取り上げたくもありません。

売り主が用意して来た物件に対して注文をつけるのは当然です。おおいに交渉すべきと考えます。しかし、本来、第三者である行政が、公営住宅の規則を逸脱してまで用意したものに対して許されるコメントではないと思います。

それに、行政は、転居先として確保された住宅に強制連行しようとしているわけではないと思います。選択肢をひとつ増やしてくれているだけだと思います。抵抗や不満を表明する筋合いのものではありません。(でも、ひょっとして、安全かも?と思ってしまいます。確信はありませんが)

「70点」発言の意図は、知りません。また、その70点という点数をどのように評価したらよいのかもわかりません。この場合、合格点は、60点以上なのかしら? 自動車運転免許は、90点でしたっけ?80点以上が「優」で、70点以上が「良」の70点?

そもそも、採点の基準や、測定の物差しがはっきりしていないので、論ずるに足らない発言だと思います。一見、数値化されて意味がありそうですが、全く主観的な表現にすぎません。しかも、曖昧。何がいいたいのかわからないという点で、「問題」な発言だと思います。中身に立ち入って考えようと言う意欲が湧きません。

「あなたが私のお父さんだったら」発言は、理解不能です。きっと、そういう心理状態だったのだろうと思います。よく、話を聞いて癒してあげたい気持ちになります。

「区民税返せ」発言は、私の場合、まだ転入したてなので、払ってないかも?

そもそも、所得税や、住民税は、ひとりひとりの所得に応じた税負担であり、今回の事件によって生じた負担分の控除くらいは考えてもいいと思いますが、期待はしていません。いずれにせよ、「返せ」というのはおかしいと思います。

それより、不動産の取得や所有に対する税の方が心配です。やっぱり、購入した時には「価値がある」と評価されているので、払わなければいけないのでしょうね。「建物の価値はゼロ」といわれている現状を考えると複雑です。解体の時点まで、きっと払うのだろうと思いますが、割り切れません。

建築確認済みの太鼓判がついていたんだけど……。

構造はダメだけど、その他の設備は価値があるし、3ヶ月は使えたのだから、税金は払わなくてはいけないと思う事にしようと思います。でも、その設備も建物の道連れに解体される運命だから、価値はゼロ。トイレや風呂やキッチンに床暖房……。共有部分なら、エレベーターなど。どれひとつ引越に持っていけるものではないから、やっぱり価値はゼロか。

そういえば、退去勧告はいただきましたが、建築確認済みの太鼓判がどう処理されているのか知りません。

よくコメントされる「命」と「金」のどちらが大事かという問題ですが、その二つを比べたくありません。強いて、どちらが大事かときかれれば、「命」です。しかし、安全の確保自体が困難である実情を考えると、「命」優先が現実的なものといえないのではないかと考えています。あらゆる建物の安全への不信を感じていて、「はやく退去を」というアドバイスに素直に従えない心境で、引越の支度をしています。

では、「金」への執着がないかといえば、すごくあります。これだけの事態に巻き込まれ、本当に「迷惑」。本業に差し支える程、翻弄されています。短期的には、売り主の瑕疵担保責任には泣き寝入りの上、住民による再建をめざしていますが、長期的には、取れるものは取ってやるというファイトが湧いています。怨念とか、怒りとかいうネガティブな動機です。

自己責任論に関しては、瑕疵担保責任をまともに果たせない売り主を選んだことにかかってきていると思います。しかし、建築確認についてまで、自己責任を負わねばならないとは、全然思っていませんでした。構造を確認してから購入すべきだったという叱咤の声を頂戴しますが、その前に構造を確認してから建築確認を出して欲しかった。

違反建築に対する処分は、法令に示されている通りであり、文句はありません。対応についての規定に、不十分な部分もありますが、それは深刻ではないと思います。しかし、建築確認の誤りへの対処が想定されていないのは大問題だと思います。そこに翻弄されていると思います。

建築確認制度は、「建築許可」ではないとされているのに、事実上の建築許可になっているように思います。とても、重要視されていると思います。にもかかわらず、その取り扱いへの配慮が充分ではありません。

今後、今の法令で直ちに対処する方法としては、びしびしと違法建築を取り締まるということくらいしかないと思います。その上で、誤った確認の責任を、確認を行った機関に取らせて行くのが手っ取り早いと思います。あるいは、取り締まりの強化により、建築確認の重要性を否定してしまうという方向性もあるかと思われます。

周囲への配慮についてのコメントも頂きますが、こちらも、すでに対応や交渉が始まっています。うちの場合、かなりドライなやりとりが行われていると聞いています。
[PR]
by gskay | 2005-12-10 17:31 | 反省とまとめ