政治資金規正と捜査当局
民主党についても、小沢代表についても、支持したいと思うような決め手には欠けると感じています。これは、自民党も同じことですが……。

政治資金規正法違反の問題は、手続きの「解釈の相違」の話で、耐震偽装以来、何度も見て来た構図です。大抵は、魔女裁判で、有罪は決まっています。

もともとは、西松建設とやらが外為法違反で作った裏金の行方についての捜査であったと思います。そこに、小沢陣営との結びつきが見られたため、おそらく、裏金捜査の突破口を期待して強硬な捜査に踏み込んだのだと思います。

与党や政府の思惑が絡んでいるような形になっていますが、結果として思惑に沿っているように見えるにすぎないようと思っています。

問題は、検察の姿勢です。

法律の解釈が恣意的です。加えて、摘発が限定的すぎて、公平ではありません。

本来、政治資金を規正するのは、総務省や都道府県だと思うのですが、そこからのリアクションもなく、行政の手続き面での専門的な見解もはっきりしません。

検察をふくめた官僚が、官僚制度の改革を主張する小沢陣営に妨害を加えているという構図も想像してみたのですが、しっくりきません。

ところで、警察のトップを務めた官房副長官の発言は、あたかも与党や政府の関与があるかのように一般的には捉えられました。しかし、むしろ、追及するために必要なだけの材料を集められないという「一般論」を言っていたように思われます。その延長として、自民党関係者を追及できないということにとどまらず、すでに逮捕されている人についても、ひょっとすると不十分ということを示唆しているのではないかと思います。

検察が、内閣や法相の意向と独立して暴走しているとしたら、大変だと思います。内閣や法相の指示で、捜査がねじ曲げられることをけしからんというのは大切だとは思います。しかし、それよりも注意が必要なのは、所詮、行政組織にすぎない検察が、内閣や法相の意向を無視して暴走しているかもしれないという点です。

担当の官庁である総務省からも、警察からも充分な援護があるようには見えません。

ひょっとすると、今回、検察は孤立しているのかもしれません。

検察の面目を保つために起訴には辿り着いたものの、今回に限っては、いつものような魔女裁判を展開できるかどうかは不確かだとおもいます。

耐震偽装の大捜査も空振りでしたが、これは、警察や検察を含めた捜査当局のミスというよりは、世の中全体が、根拠が希薄な妄想に振り回されたことが原因でした。だったとしても、肯定するべきだとは思いませんが……。

それに比べると、今回は,検察の独自の行動であり、検察の判断については厳しい反省が必要です。形式犯以上のものを掘り出すことができないような見込みだけの捜査が、検察への信頼を揺るがせることになると思います。これは、国の正義に関わることです。

検察が無謬などとは考えることができないのは当然だと思います。しかし、ずるずると無謬を装い続けるのではないかと懸念します。

せめて、この無謀な捜査の指揮を担当した人については、何らかの責任を追及するべきだと思います。
[PR]
by gskay | 2009-03-30 10:04 | 政治と役所と業界