建築確認は、錦の御旗か?
建築確認は、適法であることを確認する審査であって、建築許可ではないとされています。この部分が、私にとって、わかりにくいところです。基準に違反すれば、確認はされないはずなので、許可のような気がするのですが、認めるだけだということです。いずれにせよ、基準に適法の建物の建設は、建築主と設計と施工の責任であり、その維持は所有者の責任です。

この点は、直前のエントリの 麒麟の王 さんのコメントの背景にある重要なポイントだと思っています。

この点をもって、誤った建築確認であっても、確認者が100%の責任を負わなくてはいけないとは思えません。むしろ、ミスしても、おとがめはないのかも。あくまで、「認可」なのですから。

建築主と、設計と施工の責任は当然に問われます。また、所有者も、この違反を改善しなくてはならない義務を負っています。

しかし、そうは言っても、建築確認は、事実上、とても大きな権威をもっているのではないかと思っています。そして、無謬であるという前提を持っていたのではないかと思います。今回は、建築確認の誤りがなければ、被害がでなかったケースです。

一方で、違反建築の取り締まりがあります。この取り締まりは、違反建築の撲滅に役立つはずです。今回も、その取り締まりが行われています。しかし、この取り締まりは、誤った建築確認を見つけることは想定しているのでしょうか?施工段階の違反などが、対象だったのではないでしょうか?設計については、確認段階でチェックできると考えられていたのではないでしょうか?

でも、そうではなかった訳です。

今後、公の建築確認とは別に、充分なチェックをして行かなくてはならなくなったような気がします。そうしないと、たとえ、建築確認が出ていても、それが、いつ違反として取り締まられるかわからないからです。

そういうことを、私は少しも考えることなく購入しました。きっと、銀行もそういうことを少しも考えずに住宅ローンを貸したと思います。

ご指摘の通り、現行の法律では、誤った建築確認の問題は、錦の御旗にはなりません。そこへの配慮がないからです。

さて、私も、今回の異例の「支援」策が、こんなに早く手厚く出たことには疑問でした。また、行政の責任は、一方的な「支援」に求められるのではなく、「賠償」や「弁償」、あるいは「弁済」や「肩代わり」であるべきだというのが、これまでのエントリの主旨でした。しかし、そこばかり書いて、建築主や施工、設計の責任を強調しなかったのは、不適切でした。自明だと思われたので、書いてこなかっただけです。バランスを欠いていたと反省します。

所有者である住民が、売り主の瑕疵担保責任の請求をするのが第一であるという点は、たびたび強調して来た通りであり、それを枠組みの中心に据えて行くべきだという考えはかわっていません。でも、これは、ヒューザーが消滅すると成り立たなくなってしまうので、最悪のシナリオは、常に念頭に置かなくてはならないとは思っています。

ところで、もっとびしびしと違法建築を取り締まれと勇ましいことを言いました。そうあって欲しいと思いますが、準備不足で無理だろうと思います。

それから、せこい心配なのですが、住宅ローン減税って、住んでいないとダメなんですよね?
[PR]
by gskay | 2005-12-10 21:21 | 揺れる システム