女性の集まり
住民の集会が行われると、男性の出席の方が多いようです。

男性は仕事があって出席が難しそうなものですが、事態が事態であり、万難を排して出席しているようです。事態の推移を把握しておきたいし、意見も言いたい。

一方、女性は、夫婦で出席という形もありますが、その家庭から男性が出席できないので参加というのが多い気がします。

こういう時は、夫、妻の順番のようです。そして、集会での発言も男性優位であるような気がします。

こうした状況の是非はともかく、住民の集会とあわせて、女性の会が行われています。とにかく、やれることは何でもやっておきたい時期ですから、とても重要なことだと思います。様々な役を引き受けてくれています。おかげで、連絡網をはじめ、著しく充実して来ました。

しかし、女性の会は、住民集会に比べ、遥かに運営が難しいようです。今日の女性の役割は、あまりにも多様です。このため、メンバーが集まることさえ、ほとんど不可能になっています。

主婦としての役割や母としての役割の女性もいれば、仕事についている女性もいます。

主婦としての役割や母としての役割の女性に夕方や夜に集まれというのは、子供をほったらかしにしたり、家事へのしわよせという犠牲をともないます。

では、昼間に集まれといっても、仕事のついている女性には、無理。特に、男性に比べ、不安定な状態で仕事に就いている女性にとっては、リスクが大きい。また、夕方から夜も様々な仕事がある。

女性がみんなで集まれる時間をみつけることは、とても難しいことです。

それでも、女性の会の役割は大切だと思います。実際、短期間に、効果をあげているのですから。しかし、今後の運営には、注意が必要だと思います。

まず、それぞれが多様な役割を担っているということを、お互いに認め合えるかどうかが鍵のような気がします。

みな、この事態に対処するためのやる気は充分だと思います。その思いを空回りさせないようにするのが、リーダーの任務のようです。メンバーの個性が発揮され、事態の解決に大きく寄与することを期待しています。
[PR]
by gskay | 2005-12-11 13:58 | マンション暮らし