選挙活動
 あっという間に時間が経って行きます。今度は、解散総選挙だそうで……。

 都議会選挙は、高校時代の同級生が当選できなかったことが残念です。私が住んでいる選挙区ではないものの、気にしていました。自民党の都議として三期目をめざしていました。同窓会であったときには、「政治家です!」という風情を全開にしていたのが気になりました。大丈夫だろうかと心配していたら、やっぱりダメでした。

 残念ながら、日本の選挙は、主張を争うチャンスが少ないので、いくら優秀な人物も優秀さをアピールする場が限られます。その結果、「判で押したような政治家」になっていかざるを得ないのかもしれません。

 都議会選挙中の報道です。


「チラシお断り」に悩む選挙公報…都議選 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


特集 東京都議選2009
 12日に投開票が迫った東京都議選で、都選挙管理委員会発行の「選挙公報」の配布がオートロックのマンションなどで拒否されるケースが目立ち、各地区の選管が管理組合などの説得に追われている。

 都内では「チラシお断り」を掲げる高層マンションなどが多く、選挙公報も同様に扱われてしまうため。衆院選の前哨戦とも言われる都議選で、有権者にとって必要な判断材料が行き渡らない恐れもある。

 都議選の選挙公報は、条例などに基づき、投票日前日までに有権者世帯に必ず配布することが定められており、新聞の折り込み以外では、業者などに委託して配布する場合が多い。

 区のシルバー人材センターが配布している品川区選管では今月7日、オートロックのマンション2棟で管理人から「区職員を装ってチラシを配布されたことがある」と言われ、拒否されてしまった。翌8日に選管職員が直接出向いて説明した結果、配布できたが、2007年の参院選でも、この2棟は同様に1度は配布を拒否しており、同選管の職員は「管理人が代わったのかもしれないが、選挙公報の意義が理解されていない」と嘆く。

 北区や足立区でも告示後同様のケースがあり、高級マンションが多い渋谷区の選管は「ポストに入る配布物を、わずらわしいと感じる住民の意識が背景にあるようだ」と分析する。

 狛江市では委託先のシルバー人材センターが配布の前に下見をして説得にあたっているが、管理人にすら会えずに、やむなく郵送した選挙公報が100部ほどあった。

 選挙公報を区役所などに置いて、有権者に持って行ってもらう方法もあるものの、他の配布物と交じって目立たないのが難点。都選管は「配布をお願いしている区市町村の選管に対し、すべてのマンションを説得してほしいとまでは言えないし……」と困惑気味だ。
(2009年7月10日07時36分 読売新聞)

 公職選挙法だけでなく、選挙戦に水をかけるような制度が多すぎるように思います。

 言論をたたかわせる機会や、主張を伝える機会は限られています。その機会を最大限に活かそうと思うと、誰もが同じようになってしまうのだと思います。

 代わり映えのしない選挙カーに、幟と襷の街頭演説。これらは、公職選挙法の規制によるもので、工夫の余地がほとんどありません。

 もっと様々な方法を駆使し、得意な方法でアピールできるようにしないと、選挙で何が争われているのかわからないままです。

 その一方で、投票率アップのキャンペーンを選挙管理委員会が行っています。選挙で公職が選ばれたのは確かですが、肝心なところを争って選挙が行われたとはいえない以上、その公職が民主的な代表といえるのかどうか疑問に思います。

 公営の人気投票にすぎず、代表を選ぶことを通じて、政治的な問題に決着をつける仕組みにはなっていないと思います。

 そういう意味では、郵政選挙は、政治的な問題に決着をつけた希有な選挙だったのかもしれません。
[PR]
by gskay | 2009-07-16 11:58 | 政治と役所と業界