仮住まい生活
仮住まいに引っ越しため、処分した家財道具あった一方、新たに用意したものもあります。

電子レンジ:
システムキッチンにビルトインされていて、結局、そのまま置いて来ることに。このため、購入。回る安いのにするか、回らない高いのにするか悩んだ末、回らないやつに。

テレビ:
大画面は邪魔ということで、親戚に送りつけたところ、喜ばれる。テレビは要らないかと思っていたが、朝の天気予報などのために、小さめの液晶テレビを購入。オリンピックで活躍するも、また、天気予報専用に。

炊飯器:
それまで、直火で、釜で炊いていたが、キッチンのスペースの関係で、電気炊飯器に変更。

キッチンの水回り品、収納関係:
いちいち、サイズがあわず、いろいろと購入。

トイレのマット等:
心機一転。

室内の洗濯物干し:
浴室乾燥もあるが、浴室が狭いのでイマイチ。日当たり良好の上、窓が広いせいか、室内に干すと、すばらしく良く乾く。

自転車:
結局、今までの駅を使う事に。近くの駅は、乗り換え不便で、イマイチ。これまでの駅まで歩いた方が早い。でも、やや遠い。そこで、自転車。駅にある区の駐輪場にも登録。自転車で走り回ると結構面白い街。

ということで、引越の他に、多少の出費がありました。手許から無くなったものは、仕方がないものの、試しに計算したら、久しぶりに腹が立ちました。確定申告のついでに、ちょっと計算してみました。

ところで、なぜか、例年に比べ、懐がさびしくないという意外な状況です。まとまった出費があったり、負担が増えているのに不思議です。なぜかと考えたら、飲みに行く機会が減ったからでした。

このゆとりは、無役の一住民だからだと思います。折衝に飛び回っている役員さんたちは、経費がかかっていて大変ではないかと想像します。一応、対策委員会の会計から経費が出る事になってはいるものの、充分であるか心配です。

ようやく、精神的にも時間的にもゆとりが出て来たので、また、飲み歩く生活を再開してもいいのですが、その前に、体重です。やっと、毎日運動できる生活を取り返したところです。

ぼちぼちと、不義理にしているおつきあいを再開しようと思います。
[PR]
by gskay | 2006-03-10 17:00 | 仮住まい