仮住まい生活(続)
仮住まいのURの団地は、慣れると便利です。

スーパーマーケットと本屋には雨に濡れずに行けます。でも、コンビニはやや遠く、飲食店はわずかです。

郵便受けは、チラシがとても多く、不要なチラシを入れる箱が置いてあって、そこに入れればいいだけですが、何だかねぇ。マンションの宣伝が多く、毎週、同じ物件が印刷されているような気がします。リサイクルしているのかしら?それと引越屋さんに廃品回収。なぜか、探偵社のチラシも多い。健康食品に、いろいろな団体への勧誘。

宅配ボックスがないのは不便。でも、不在にしていても、電話をすると、すぐに配達してくれます。

賃貸物件で出入りが激しいのか、それとも、単に規模のせいか、毎週末に引越風景を見かけます。

エレベーターは、内装が少し痛んでいるものの、とにかく、速い。大きい建物なのに、ほとんど混んでいないのが意外。もっと、待たされるかと思っていました。スピードという性能と、数の威力?単に、生活パターンのせい?

ゴミの集積所が凄いです。これだけの規模になると、こんなになるのかとビックリしました。分別が悪い人が若干いるようです。

負けずに凄いのが、自転車置き場です。壮観です。ママチャリに混じって、憧れてしまうような自転車も置かれています。ただ、ほこりを被っている自転車も、チラホラ。置き去りにされているのかも知れません。

公営プールが近くなりました。これは、喜びです。フィットネスクラブも近接していますが、公営プール派です。時間によっては混みます。でも、ピークを外すと、心配になるくらいの利用者数です。

銭湯が近くにあります。昔ながらの街並に暮らす人と、巨大な団地に住む人がいる街のようです。それに加えて小さいマンションが点々。団地には、URの他、民間の区画と、都の公社の区画があります。引っ越してくるまで、そんな違いがあったとは知りませんでした。再開発は、今でも進行中です。

ところで、私が仮住まいしているURの区画には、空室がかなりあるようです。築15年くらいなので、中途半端なのかもしれません。ちなみに、周りの民間の物件と比べても、手頃な感じは全然しない家賃です。私は、こういう状況でなければ、住む事はなかっただろうと思います。

元のマンションの方は、立ち入りできないように囲われたそうです。まだ、見ていませんが。前を通った家内の携帯からメールが届きました。
[PR]
by gskay | 2006-03-13 15:45 | 仮住まい