もっと不幸な人
住民の集会がありました。

住民、初顔合わせでした。

「広い」マンションという点に対し、構造が脆弱になった原因だとか言われています。しかし、個人のマンションのリビングで住民の集会が開けてしまうなんて、他にないかもしれません。しかも、どの部屋も基本的に同じ間取りです。当番になった人の部屋で、すぐに集会が開けます。この当たり前のことに気付いて、音頭をとってくださった方に感謝です。

念のため、言っておきますが、住民が一部屋に集まったくらいでは、崩れませんでした。長期的にはわかりませんが、とりあえず平気でした。その気になれば、グランドピアノを入れても平気かもしれません。(どうやって?)

会は、予想に反し、のほほんとしていました。怖い雰囲気の会になったらいやだと思いましたので、幸いです。(怖い雰囲気になっていたら、脱出しようと思っていた不心得の臆病者です)

ここの住民は、報道されているような、「国の責任だ!」という主張は、ほとんどありませんでした。冷静で、わきまえた行動が必要であるということが確認されました。

予想以上に、社会的地位の高い人が多く、およそ、その道のスペシャリストはそろっていて、建築的な問題も、法律的な問題も、相当な部分まで内部で分析できてしまう体制が組めることがわかりました。高度な議論が行われ、そのままテレビで放送したら、その辺のワイドショーは、木っ端みじんというレベルでした。

安心しました。(だからって、地震に対する安心はありませんが)

ところで、売り主の会社に籍がある人が住人にいて、住人と売り主の間の微妙な立場に立っていました。役員さんもいました。多分、この人たちが、この事件で一番不幸な人たちだと思います。

二重に苦しんでいる人がいるなんて思いもしませんでした。

ヒューザーが、コスト削減のために、インチキ計算をさせたという説がチラホラありますが、どうでしょうか?状況的には、考えにくいと思います。

本来なら、この価格でできるものを、他が高く売っていて、ヒューザーが抜け駆けしていたので、安いマンションはヤバイというイメージを作ろういうことではないかと思いました。あるいは、高く買った人が、安さに対して文句を言っている……。

今回の騒動は、どのマンションでも(つまり値段の高いマンションでも)、起こることではないでしょうか?高く買ったからって、このトラブルが回避できたとは思えません。

とは言うものの、大きい会社から買っていれば、もっと補償など、気楽に対応できたのかもしれません。(そこも、価格に反映されているのかな?)

そうそう、ちなみに、うちのマンション、新聞で「格安」って言われてしまいました。しかし、値段と中身をみて、本気で「格安」だと思います?

うちのは、周辺のマンションの値段と比べて、安くはありませんでした。安さは魅力ではありませんでした。内装等は、本当に最小限で、はじめっから、リフォームして、好きなようにいじることが前提になっているような部屋で、そこに好感をもちました。一時代前の最小限の装備しかありません。入居したばかりですが、結構、工事の予定を立てていた人がいたようです。もちろん、延期にしているそうです。

法令違反の違法で危険な構造は、ありえないことで、コストダウンのからくりではないと思います。
[PR]
by gskay | 2005-11-21 10:35 | 揺れる システム