震災/法令違反/耐震/危険/退去勧告/近隣
震災を引き合いに出し、公的な対応の必要性を主張するのは、感心しません。

激甚災害によって被るのは、単に財産的な問題だけではありません。

生命の危機に実際に直面します。

不便な避難生活を強いられます。

そのどちらも、私たちのマンションにはないことです。私たちが巻き込まれたのは、法令違反事件です。私たちは、この事件によって、生命の危険にはさらされていません。地震の時、その可能性が高いかもしれないというだけです。私たちは、避難生活を経験することもないでしょう。「退去」と「避難」は、異なります。

マンションの再建も、インフラの復興からはじめなければならない災害とは、全く異なります。

地震保険についての言及も聞きました。しかし、これは、地震ではありません。もし保険について主張するなら、「違法建築確認および検査」に対する保険の創設を主張してはいかがでしょう。いまや、誰もが「違法建築確認および検査」がリスクであることを認めると思います。ただ、そんなものが必要な行政手続きってのは、いかがなものでしょう。

私たちが背負ってしまったのは、災害被害ではなく、違法建築です。たまたま、耐震性に問題があったからといって、震災被害と比較しても意味はありません。私たちは、まだ、地震に見舞われていないし、耐震以外の基準の違反であったとしても、同じように処分される問題ですから。

そもそも、この事件は、前代未聞の事件です。前例だけで考えるのは困難です。既存の法令で処理するにも限界があります。これは日本人にとってはじめての経験です。過去の事例との比較に終始する限り、好転はないと思います。批判や非難を甘受しながら、当事者は、今後の前例になるという覚悟をもって事態に切り開いかなくてはいけないと思います。(私はその自覚が足りないのかも……。叱られながら、次のステップへと進みます)

以上、GSX さんのコメントへのコメントの追補です。

その他のコメントへのコメントです。

「理想論」を、「現実的でない」と否定することには抵抗があります。加えて現実的でないとする根拠の「現実」にこそ、リアリティーがないような気がします。始めから理想論を慮外において、放棄してもいけないような気がします。ただ、仰せの通り、現実的な対応の方を気を引き締めて行わなければいけないと反省しています。横浜の対応は、拙速ではないかと思う事がしばしばでしたが、報道されている耐震検査への対応は「理想論」的でいいと思います。

zap さんの言う通り、危険の実態の理解や、その評価が適切ではないような気がします。センセーショナルな報道が先行し、必要以上の過激な評価になっているような気がします。私も冷静さを失って、過激になりすぎました。所詮、机上の空論であり、私の場合は、個人の心理的恐怖にすぎません。

「自主的な退去勧告」の位置づけには、温度差があるようです。物件毎に差があります。今のところ、世の中は、最も、過激な対応をしている自治体の判断に眼を奪われています。このマンションについては、最初に区から説明され、釘をさされた内容を反芻する必要があるようです。少なくとも、ここでは、今の暮らしを制限する意図はないように思われます。退去・解体への道筋を円滑に歩むだけでなく、生活と両立させることが課題です。そこは、災害時の「避難」との違いかもしれません。否が応でも、生活が制限されてしまう「避難」と、「退去」を、同列には論じられません。

この事件に巻き込まれるまで、退去勧告がでると、もっと激烈な変化があると思っていましたが、当事者になってみると、全く違っていました。

今までの暮らしはそのままです。そこに、こなさなければいけないことが増えました。説明会に集会、通知の読破、情報の分析、住民間の調整、そして自分の引越準備。仕事をしばしばキャンセルです。一般住民である私でも大変ですから、役員の人たちは……。

「退去勧告を受けた住民」ということに、先入観があるようです。実際に経験していることとは、異なるイメージが勝手に広がっていて、その凝り固まった先入観で語られているような気がします。マスコミでも、ネットでも。(そもそも、今まで、誰がこれを経験して来たというのだ!決めつけられたイメージに違和感を感じるから、このブログを懲りずに続けているわけだけど。)

よく住民への非難の材料として出される近隣との関係については、「ドライな交渉」とだけ、記しておきます。一般論としては、非難の材料として上等なものだと思います。私自身、当初、最も注意を払っていたポイントでした。

さて、麒麟の王 さん。そして、他の皆さん。ブログがあったら、是非、教えて下さい。TBをお願いします(ブログはじめて4週間、TBの意味が分かって来た)。意見や立場に違いはあっても、問題を共有できるといいと思います。たとえ、結論が一致しなくても、立場を納得できなくても、問題を共有していけることをありがたいと思います。

最後にひとこと:うちの物件は、瑕疵担保責任の枠組みで解決するのが原則である物件でした。しかし、そうでない古い物件が増えて来ています。責任の重みのかかり方が微妙に変化して来ました。
[PR]
by gskay | 2005-12-15 18:58 | 安全と安心