強度の公表
やっぱり入っちゃいました。ダメだそうです。

ただし、どんな風にだめなのかは、わからないままです。

仕事で、説明会に出られませんが、今頃、説明が行われているはずです。

とっても中途半端な数字です。補強をするには、低すぎる。
かといって、もっと他に、ヤバい物件がある。

ヒューザーは、何にいくら使ったかを教えてくれていて、解体と再建築にいくらかかるかも、住民は知っています。その数字を聞いた限りでは、何とでもなるという額でした。

ただ、工面できるかどうかと、すんなり事がすすむかどうかは、別問題。

関係する機関の説明を待ちつつ、そろそろ、隣接する建物のオーナーや地主との交渉も考えないと行けないかも知れないと思っています。
[PR]
by gskay | 2005-11-21 20:50 | 揺れる システム