破産説明会のおしらせ
ヒューザー及び小嶋氏破産説明会があります。破産管財人から文書で通知を受けました。

平日の午前中で、さすがに出席を躊躇してしまうスケジュールです。幸い、役員さんが参加してくれるそうです。専門的な知識を持っている役員さんです。

もともと、会場の定員があるので、みんなで押し掛けると大変なことになってしまうので、調整した方がいい状況のようです。

こうした書類は、地裁の封筒で届きます。もとのマンションが宛先で、仮住まいに転送されて届きます。

しぶいと思うのは、宛先が、もとのマンションの住居表示ではなく、登記上の番地であることです。

登記上の番地など、こんなトラブルでも無い限り、あまり意識されないのではないかと思います。余程、関心が無い限り、大抵は、売買や登記でお目にかかっておしまい。せいぜい、住宅ローン減税用の書類の作成で見るくらいだったのではないかと思います。
[PR]
by gskay | 2006-04-12 10:34 | 損害と回復