建て直しまでのタイムラグ
退去、解体の次には、建て直しです。2年はかかるとされています。これをいかに短縮するかが、負担を軽減することに役立つと思います。

ところで、この2年間は、お金が宙ぶらりんになる期間でもあります。あらためて金融の出番ということになるのではないかと思います。

金融の仕組みについては、チンプンカンプンです。信用を創ることと、決済手段を提供することで、付加価値が生じる仕組みらしいということを、少しづつ理解して来ました。また、時間のズレが、どうやら利益にからむらしいということも、何となくわかって来ました。しかし、具体的にどうしたらいいのかは、難問のままです。

問題の解決には、金融が重要であると当初から考えていました。

最初は、誤った建築確認から始まる諸々の関係をうまくリセットするという解決法として、金融が関与する可能性をいろいろと考えました。

今は、単なるリセットではなく、タイムラグを活用した方法がないかと考えています。
[PR]
by gskay | 2005-12-27 13:18 | 損害と回復