これまでのまとめ/退去勧告以降
12月6日
公的支援:国のスキームが発表される。解体と建て替えにあたり土地代だけで買い取るという方針と、「支援」と「賠償」のすり替えという2点に反発する。そもそも、公的資金の投入に疑問を持ち、民民での解決か、自主建て替えをめざす立場であったが、コメント欄では、公的資金投入促進のブログと見なされ、異様な盛り上がりをみせる。エントリ本文とコメントは関係ない現象が続く。

土地代だけでの買い取りについては、公的に出した建築確認を公的に取り消すことにより私有財産の価値を消滅させる仕組みの問題点と、ひとつの主体が多くの立場をかねることによる恣意的な運用の危険性を訴える。しかし、そんなことはコメント欄では相手にされず、「税金投入反対」と住民バッシングに終始。

その後、建築確認の責任についての議論が、かなり高度に行われた。ここでも、基本的には支援としての公的資金の投入に疑問であるという立場で書いていたつもりであったが、コメントの多くは、それを理解してはくれなかった。

12月13日頃
友達を宿泊させたことを書いたら、コメントで叱られる。コメントされる「耐震基準」や「安全性」の意味が、区や建築関係の人から聞いた話と違うと思う。検査を全棟に徹底的に行って危ない方から対応すべきではないかと意見したり、もっと危ない放置された物件のことを話題にすると、コメント欄が変にヒートアップする。そこが、自治体毎の方針の違いを理解する鍵だと思っていたが、そっちの話題に響く人はほとんどいない。

その中で、コメントから、「ゼロリスク探求症候群」という言葉を習う。自分の本業にかかわる内容だったので、とても興味深く学ぶ。「安全」の観念についてのすれ違いの背景を理解する。さらに、誹謗中傷は、理不尽なものであるから、理性では処理できないと言うことをTBから知る。

12月17日以降
取材についての不満を時々述べる。と同時に、報道の内容についても疑問を述べる。用語の使用が変ではないかと思うようなケースに気付くようになる。

報道の中では、NHKスペシャルで、具体的な検証が行われていて、流布している誤解が打破されたと思ったが、そのNHKスペシャルのインパクトはあまりなかったのか、数日でコメント欄は元通り。今も、基調は変わっていない。

12月20日以降
強制捜査と同じ日に、区からの説明があり、内容を理解する。今後、民民の対応はできないものと最終的にあきらめる。公的資金投入反対という立場は、ここで放棄。瑕疵担保責任等が曖昧になったり、うやむやになるのを恐れる。売り主の瑕疵担保責任の枠組みという民民の対応がいいのではないかと考えていたが、その枠組みが使えない物件が出てきたことも国のスキームが出た問題意識であったのかと思う。

12月28日
転居先が内定する。へ理屈は、おしまい。今後、しばらく、そんな暇はない。自分の体を動かす段階に入る。

その他、時々、いきさつを書いては、叱られたり、馬鹿にされたり。(かなり、反省して勉強したけど)

どうやら、ここは、白状すると、叩かれるらしい。

また、眼についた面白い現象も書く。これは、一部にうけている様子。

  *********

このブログのあり方を心配して下さった方々、励まして下さった方々、本当にありがとうございました。

意見はあわなかったけれど、問題意識を共有してくれた方々にも感謝しています。

事件の発端や思惑、売り主との民事上の関係、行政制度の不備、法令が想定していない事態への公的対応、マンションの適正なあり方、売り主の都合ばかりで買い手に機会が開かれていない保証制度、などなど、様々な問題があることを知りました。それにも増して、報道とか金融とか、あまり問題の表面に上がらない部分の力の凄まじさを思い知らされました。

私が、報道に振り回されているというコメントは、ご指摘の通り!今は、ここに一番、悩んでいるかも。

コメントへのコメントがないと怒るコメントがチラホラ。すでに書いたことと重複することはなるべく書きたくありません。書き方が悪くて変な誤解を与えているような場合や、コメントから生まれた新しいトピックにはなるべくコメントするように努力して来たつもりです。

ところで、ほとんどのコメントがエントリの本文の最初の数行にしか反応していないのは、残念です。特に、その数行の内容を、結論でひっくり返えしているような展開は、全く理解してもらえないということを学びました。言いたい事を伝えられないのは、力不足。スタイルを変更する必要があると思います。でも、書きなぐりに近いブログであるから、なかなか、改善は難しいかも。ネット用の文章力が必要であると思っています。

憤り さん、冷静なコメントをありがとうございました。状況がまとまったと思います。私は、クヨクヨはやめにして、さらに先を目指すことにします。

  *********

さて、このブログの方針を変更します。これまでのコメント欄をなくします。ログインユーザー専用にしました。

トラックバックは、これまで通りです。

エントリ本文という表紙がついたスレッドの役割は減少したと思います。コメントも減少しています。私にとっても、議論の段階は過ぎ、行動の段階に入りました。

ありがたいコメントも多数有るので、このまま残したいところです。

しかし、トラックバックやログインユーザーコメントに、連携と言う積極的なメリットがあることを知りました。それを最大限に活用したいと模索しているところです。どうか、ご協力をお願いいたします。

  *********

よいお年を! 新年も、どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
by gskay | 2005-12-31 16:10 | 反省とまとめ