エレベーター事故/追及の矛先が狂っている
他人事ではない悼ましい事件だと思います。

現場の安全や安心の確保や御家族のケアなど急場の対応がぬかりなく行われていることを望みます。また、事故の原因究明は、適切に急いで行って欲しいと思います。

事故の原因究明に関し、また、メディアの狂騒が始まってしまったように思われます。

問題は、エレベーターの管理や整備が適切であったのかという点だと思います。マンションを管理する区公社に責任があるとともに、エレベーター管理をしていた会社の責任が問うのが最重要だと思います。

しかし、現状は、製造したシンドラーという会社の追及になってしまっています。確かに、その会社の態度は共感できないところがあります。しかし、不合理であるかといわれると、そうではないと思います。

資料の提出など、捜査当局や国土交通省、都などが共有できておらず、個別に会社に請求しているようです。事態を重く見るなら、むしろ、当局同士が協力し、情報を共有しても良いように思います。当局同士の協力ができていれば問題とならないような気がするのですが……。

エレベーターは、メンテナンスが良好であるという前提で、整備のもとで運用されているはずです。だとすれば、メンテナンスが不適切であることが直接の原因である可能性が第一ではないでしょうか。

次に、無理な設計や、製造の不良などを検証すべきだと思います。もし、無理な設計や製造の不良があれば、問題は他に波及するので、高度な対応が要求されます。部品の老朽化など、新たな問題箇所があれば、しかるべき対応が必要です。しかし、今のところ、そういう情報はありません。

ブレーキに関し、保守管理が適切であったのかどうかを疑わせるような内容が報じられており、まずそこを追及するのが筋だと思います。

もし、メンテナンスが行き届いていないなら、それは、設計などの問題なのか、管理会社の問題なのかを追及する必要が出ると思います。

シンドラーに対する不信は、強いていえば、「不具合が多発していたらしい」、「値段が安い」というのが根拠のようです。しかし、不具合については、他との比較がなされていないのでナンセンスだし、値段については、何の指標にもなりません。

問題がメディアの餌食になってしまって、また、グチャグチャです。メディアは肝心なことを軽視していると思います。

直接には、エレベーター管理会社が何をしたのかを明らかにしなくてはならないと思います。「異常なし」と報告していたというではありませんか。能力をふくめてチェックするべきです。

もしかしたら、異常にメンテナンスが難しい機種なのかも知れません。だとしたら、メンテナンス能力を向上させて安全を確保しなくてはなりません。

シンドラーを悪者に仕立てる方向があるように思います。その陰で、肝心の追及の矛先を忘れていると思います。

少なくとも、今のエレベーター管理会社と、昨年度の会社、それに一昨年度まで担当していたシンドラー、そして管理をしている区の公社が何をしていたのかが明らかにされなくてはならないと思います。

報道では、このエレベーターについてシンドラーが管理している時代に報告書が提出されているとのこと。その内容が知りたいところです。

区公社の担当は、専門過ぎてわからなかったといわれていますが、内容次第では、管理を担当していた公社がしかるべき措置を行っていなかったというのが最大の原因ということになる可能性があると思います。

「シンドラーの態度がけしからん」とか、「値段がおかしい」という間接的なことを追及したところで、肝心の問題は解明されません。それでは、亡くなった方が浮かばれないと思います。
[PR]
by gskay | 2006-06-10 17:00 | 安全と安心