報奨金の何が悪かったの?
Qu/Qunという値を、1.0ぴったりにするのは難しいから、大抵は、1.5とかで妥協するそうです。しかし、それを、シビアに計算し、より1.0に近づければ、コストを下げることに成功したわけですから、えらい。だから、報奨金というならいいのでは?

でも、たくさんコストを減らしたけれど、1.0を下回ってしまいましたでは、だめ。

もし、ヒューザーや木村建設が1.0を切っていることを知っていて、偽造してまでコストを下げようとしていたのなら、アウトだと思います。

でも、1.1だったのを、1.05にしたから、報奨金というのなら、許せるのではないでしょうか?

追記 くだらないことを思いついてしまいました。いきなり、違法の状態をキャンセルする方法です。

「文化財」に指定しちゃえばいいのです。そうすれば、違法を問わなくてすみます。

でも、本質的な問題は、何も解決していませんが。

(ああ、こんなことを考えていては、だめだ。普通の仕事もしながらなので、さすがに疲労気味)
[PR]
by gskay | 2005-11-25 18:35 | 真相 構図 処分