家具付き賃貸マンション
家具付きの賃貸マンションのチラシが入ります。魅力的な写真がちりばめられたチラシです。きちんとコーディネイトされた家具が配置されているのは美しいと思います。

自分のこだわりで家具をそろえると、結構、滅茶苦茶になりがちですが、こだわりを捨て、家具付きの部屋を利用するというのもいいかもしれないと思いました。

が、賃料が「おっと!」という値段でした。

家具の値段を考えても、かなり強気な商売です。そういう物件の数は少ないと思われるので、希少性が値段を決めているのかもしれないと思いました。

家具を買うのはお金さえあれば比較的簡単ですが、処分するのは大変なので、家具付き賃貸マンションのニーズは高くなるのではないかと想像します。業者がまとめて家具を用意すれば、コストの面でも有利になるのではないかと思います。

今後、供給戸数や賃料がどのように推移するのか気になります。私は、発展の可能性が高いと思いました。賃貸については、家具なし物件の方が少数派になる日が来てもおかしくないと思います。

ちなみに、ヒューザーは、「家具付き分譲」を試みはじめたところだったと聞いています。家具の流通コストも考えて、一括購入するという方法で低価格をめざすと同時に、コーディネイトでも勝負しようという発想だったのかと想像します。

他のヒューザーのマンションは、設備でさえオプションが多かったのに対し、正反対の発想です。あの会社は、平均からはずれた両極端を目指していたのかもしれません。
[PR]
by gskay | 2006-07-27 16:46 | マンション暮らし