久々の住民の集会
2ヶ月ぶりです。今回は、建て替えの事業の進み具合に関する会議になりました。例によって、前半は、区などの担当の方々からの説明。後半は、住民集会で、管理組合の総会という位置づけです。

2ヶ月前の集会は、ヒューザーへの破産債権の届出に関するものでした。債権に関する区の考え方の説明が行われ、建て替えについての説明は、補足的に行われただけでした。

今回は、損害や損害回復の話とは離れ、建て替えについての考え方と、大まかなスケジュールが説明されました。大きな進展です。

国のスキームに完全に準拠したプランだけでなく、バリエーションも提示されました。すでに建て替えに動き出した物件もあるようですが、それは、国のスキームからは離れた方式のようです。

とりあえず、国のスキームにほぼ準拠したプランによるスケジュールの概要が説明されました。年内に建て替え決議に至るように調整し、その決議にあわせて除却命令が出され、年明けから除却工事が始まるような流れのようです。

除却には10ヶ月が見込まれています。それを準備するだけで2ヶ月かかるそうです。周囲に迷惑がかからないように除却しなくてはならないのが厄介です。スケジュールでは、建て替え決議および除却命令の後にしか除却準備を始められないようですが、その部分は、前倒しも可能ではないかと想像します。

建て替え決議に至るまでのプロセスはまだまだ難しい問題だらけです。決議の時点で、どのように戻るかということまで確定する必要があるようです。事業の方式を決め、追加の負担を確定し、戻る部屋を確保しなくてはなりません。その調整のため、コンサルタントによるヒアリングが行われることになりました。他の物件では、すでにコンサルテーションがはじまっているところもあるとか、ないとか。

12月に行われた区によるヒアリングでは、退去や仮住居についてでしたが、今回は、建て替えに関する課題に進むので、コンサルタントが入るようです。再開発事業などでは、コンサルタントが入るのが一般的だそうで、区の周旋によるコンサルタントです。

発覚から8ヶ月、退去から半年で、建て替えへの具体化に進み始めました。仮住まいのスタートから半年以内に建て替えプランを作るべしと1月に知事はコメントしていました。それが、拘束力を持つかどうかはわかりませんが、どうにか間に合ったような気がします。

途中で足踏みがありました。足踏みの原因は、区の方でも、別の大きな問題があったりしたとのことです。住民の方でも、仮住まいでの生活の確立や、損害の回復のために様々な手続きがあり、建て替えの具体化だけが課題ではありませんでした。そう考えると、無駄無く順調に進んでいると思います。

これから先、順調であって欲しいと思いますが、展開については想像もつかない部分がたくさんあります。
[PR]
by gskay | 2006-07-31 09:56 | 建て直し