木村元社長の祈願書
粉飾決算およびそれに関連する建設業法違反容疑については、認めているようです。しかし、耐震偽装の発覚後に代金を受け取った件について、だますつもりはなかったという主張です。なお、耐震偽装が行われたことへの直接の関わりは否定されているようで、問題にすらなっていません。

引用した記事では、「祈願書」というものがとりあげらていますが、耐震偽装に関与していると思い込んでいる人が読むと、やましいところがあったに違いないと感じると思います。おそらく、そういう文脈ではないと思いますが……。

耐震偽装 木村被告、詐欺罪を否認 東京地裁初公判


  耐震データ偽造事件で、強度不足を知りながらホテル建設代金をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた木村建設(熊本県八代市、破産手続き中)元社長、木村盛好被告(74)は7日、東京地裁(角田正紀裁判長)の初公判で「構造計算書の結果が虚偽であることは知りませんでした。金をだまし取ろうと企てたことは一切ありません」と詐欺罪について起訴事実を否認した。建設業法違反は認めた。
 検察側の冒頭陳述によると、木村被告は05年8月、元1級建築士の姉歯秀次被告(49)=公判中=が構造計算した同社受注のホテルについて、常務のホテル部長から「別の事務所が検証したところ、耐震強度が不足しているとの結果が出た」と報告された。しかし「建築確認も下りているし、続行するしかない」と工事の続行を指示した。
 また、同年11月7日に「ばれたらのがれる道がありません」「過去工事を調査されたならつぶれます。国土交通省の調査が木村建設に飛び火しないようお願い申し上げます」と記載した「祈願書」をファクスで信仰する神社に送っていた。
 起訴状によると、木村被告は奈良市の「サンホテル奈良」について、姉歯被告が構造計算書のデータを偽造し建物の耐震強度が不足していることを知りながら、同年11月7日、ホテル側から建設費の未払い残金2億2500万円をだまし取った(詐欺)。また、実際には債務超過だった同社の04年6月期決算を黒字と粉飾した決算書類を国土交通省に提出し、特定建設業の許可の更新を受けた(建設業法違反)。【佐藤敬一】
(毎日新聞) - 9月7日17時29分更新

「ばれたらのがれる道がありません」「過去工事を調査されたならつぶれます。国土交通省の調査が木村建設に飛び火しないようお願い申し上げます」という危惧は、現実のものになってしまいました。しかし、だからといって、木村建設が耐震偽装そのものに関与していたとは言えないと思います。

調査が入るだけで、企業には大きなダメージがあります。何の問題がなくても、調査の対象になっただけでピンチになります。全く関係ないのに名前が似ているということだけでも、ダメージがある程です。受注は減るし、キャンセルに対応しなくてはなりません。また、建設業の場合、決済までのタイムラグなど、資金的な悪条件もあります。祈願書は、そうしたことへの苦悩のあらわれだと思います。

逆に考えると、公表や調査、報道が適切に行われれば、被害は回避できたかもしれません。巻き込まれながら生き残れた会社は、会社自身の体力のよる部分もあると思いますが、調査や報道を適切にコントロールすることで、破綻が回避されているところもあるようです。

粉飾決算について認めていることについては、本人の反省以上に、会計上の意味があるようです。法人税還付との関係があるからです。

一方、代金受領が詐欺かどうかは、判断が難しいと思われます。公表に至るまでの公的な判断の経緯が重要です。木村建設側は事情を知っていたが、ホテル側は知らなかったという点が問題になるようですが、「違法」と公的に判断されておらず、公表もされていない時点でした。問題の深刻さについての評価も定まっていませんでした。これでは、取引を止めるべきだという前提条件が揃っていたとはいえないのではないかと思います。

もともと、建築確認や検査は、無謬であるという前提があり、誤りがあった場合の対処について明確な定めがありません。違法への対処の規定は、曖昧なものです。これが、混乱の元になっています。そうした条件では、判断が下される経緯を慎重に検討する必要があると思います。少なくとも、公的な判断を下した当局も重要な当事者とみなして、検討するべきだと思います。

これは、小嶋元社長の容疑についても同じだと思います。

ところで、ホテルは建築主であったと思われ、建築そのものに重要な責任を負う立場です。もし、ホテル側が何も知らなかったとしたら、なぜ、知らされなかったという点は重要なポイントではないかと思います。代金受領以上に、建築の体制を考える上で、重要な問題だと思います。

また、8月の時点で問題になっていたとされるケースと、10月以降の問題は区別して検証されなくてはならないと思います。8月の時点で疑いが生じた時点で、違法を追及する方向に進むことができなかったということは、建築を民主的に責任をもって管理することができなかったということだと思います。

下手に公的な建築確認や検査を行っていたために、形骸化して、無責任になってしまっていたということだと思います。悪意の有無以上に、深刻な問題として受け止めなくてはならないと思います。
[PR]
by gskay | 2006-09-08 11:31 | 真相 構図 処分