上申書
小嶋社長の裁判に関するイーホームズ社長のコメントが公開されました。大変なことが明らかになったと思います。あいにくネットでしか取り上げられていないようです。

小嶋社長の容疑は、藤沢の物件の耐震偽装発覚後、偽装を知りながら引き渡しを行ったことに対するものです。私自身に直接の関係はありません。しかし、関心はあります。偽装発覚から公表にいたるプロセスの重要な部分であり、その後の様々な判断や処分、対応の元になっているからです。この部分のデタラメが、その後の混乱につながったと考えています。

イーホームズ社長によれば、藤沢の物件名は具体的に上がっていなかったとのこと。小嶋社長の容疑が成り立たなくなる可能性が出て来たようです。

さらに、このことについての検察の取り調べに問題がある可能性があるとのこと。辻褄が合わないばかりか、正当なものかどうかも疑われる取り調べが行われ、それが発覚してしまったようです。

検察の仕事は、被告を有罪にするために有利な材料を集めることなので、イーホームズ社長が証人喚問に呼ばれないというのは、検察にとっては当然だとは思います。しかし、正当でない取り調べは、まずいのでは?

弁護側の出方が気になります。

私は、基本的に『きっこ』とは、立場も見方も大きく異なっていて、むしろ反対であることが多く、このブログで取り上げませんでしたが、今回ばかりは感心しています。(でも、「構図」は虚構でしょ?)

国会の参考人質疑の時点では、イーホームズ社長の主張は、二つあったと思います。一つは、小嶋社長の発言や判断の不適切さであり、これに対して小嶋社長が吠えてしまって、バッシングがエスカレートしました。もう一つは、国が定めたお仕着せのシステムが陳腐でデタラメだったことと、それに対する無責任な対応への糾弾です。

当初、イーホームズの発言は、小嶋社長との対立の部分ばかりが強調されてしまいました。「構図」が踊りました。今となっては、くだらないことです。

一方で、国のシステムがデタラメなことや、対応が無責任であったという重大な問題は、風化してしまっているようです。重点を置くべきポイントを誤っていたのかもしれません。

イーホームズ社長の発言が小嶋社長に有利に働くかどうかはわかりません。実際には、様々な方法で、小嶋社長は、問題を把握することはできたと思われ、把握していたことを明らかにすれば良いからです。

もっと他にも、小嶋社長の裁判では、吟味しなくてはいけないポイントが沢山あります。その問題が注目されずに決着してしまうとしたら残念なことです。

かつてつぶやいたエントリです。
小嶋元社長逮捕
小嶋元社長の取り調べへの期待(1)
小嶋元社長の取り調べへの期待(2)
小嶋元社長の取り調べへの期待(3)
小嶋元社長の取り調べへの期待(4)
小嶋元社長の取り調べへの期待(5)

イーホームズ社長の発言には関心があります。ただし、これまで、方向性が間違っていました。今回も、まともな方向に進むとは限らないと考えています。肝心なところに手がかかっているのに、雑魚を相手にしたり、くだらないことに関わったりして混乱を招き、結局、肝心な部分への追及が有耶無耶になってしまうというのがこの1年でした。
[PR]
by gskay | 2006-11-10 10:35 | 真相 構図 処分