木村建設についての破産債権の査定の申立書
建築確認済みの適法な設計図によって施工した以上、不法行為はないというのが、木村建設破産管財人の判断です。施工上の欠陥が明らかになっているわけではなく、もし、建築確認にそれだけの権威があるのなら妥当な判断かもしれないと考えました。

私をふくめ、住民から届出された破産債権はすべて破産管財人による異議がなされてゼロでした。この異議をうけ、次は、裁判所に査定を申し立てるか否かの判断です。

マンション全体で足並を揃えて申し立てているところもあるようですが、うちのマンションでは、各自が自身で判断することになりました。私は、申し立てを行いました。

建築確認の意義が高く、間違った建築確認であっても施工業者は従うべきであり、それは違法建築ができないようにする注意よりも大切だというなら、査定でもゼロでしょう。その場合、さらに裁判で争うかどうかを考えることになります。

一方、建設業者が努めなくてはならない施工技術の確保に、違法建築を作らないという注意が含まれているとするなら、査定結果が変わる可能性があると考えています。

建築確認済みであるということが、建設会社が違法建築をしたことを免責するかどうかという点が問題だと考えています。

そんな責任関係さえ、定まっていません。そうした土台になる部分に手をつけずに、ピアチェックの心配をしていることに疑問を感じています。司法の場で、判例を積み上げていくしかないのかもしれません。

査定の申し立ては難しくありませんでした。破産債権届出のときの資料に異議通知を追加して、異議に対する反論を書いて提出しました。結果については、期待はできないと考えています。今後、裁判までするかどうかは、情勢を見極めなくてはなりません。

ところで、木村建設破産管財人が回収したのは10億円。すでに認められた破産債権は65億円で、住民からの150億円が全額否認されている状況です。現時点でも配当率は約15%。住民の債権が認められるとさらに低下します。ただ、今後、40億円のメインバンクに対する訴訟次第では、資産が増えるかもしれないという状況とのこと。

査定がゼロの場合、裁判で争うかどうかを決断するのは、とても難しいことになりそうです。裁判となると、費用を含めた負担は、これまでの手続きとは比較にならなくなり、それに見合うかどうかを考えなくてはなりません。

損害の回収ができるなら取り組んでもいいと思っていますが、負けを覚悟で法律の不備の穴をうめる判例を積み重ねるだけの裁判を戦って、挙げ句に自らが負担を負う気にはなりません。
[PR]
by gskay | 2006-11-15 15:33 | 損害と回復