雑損の更正
間もなく、ヒューザーからの中間配当が振り込まれることになっています。物件によっては、管理組合が受け取るところもあるようですが、私の物件では、各自が受け取ることになっています。

名義が共有になっていると、手続きが面倒になるようです。私の場合、家内と共有にはなっていないので、面倒はありませんでした。家内も、それなりの収入があるので共有でも良かったのですが、銀行が面倒くさかったのか、私名義をすすめました。司法書士さんも同じでした。ということで、共有名義になっていません。

ところで、雑損のもとになる建物の価値について再検討が行われてきました。去る3月の所得税の確定申告で計上した雑損について、更正は次の3月までに行わなくてはならないとのことです。配当があったので、その分を減らさなくてはなりませんが、その前に、雑損の額を確定しなくてはなりません。

去る3月の時点では、取得時の消費税をもとに建物価格を算出しています。しかし、私たちにとっての損失である建物の価値の評価の方法は、それ以外にもあるようです。

都税事務所による固定資産としての評価の他、国土交通省が実施している鑑定による評価があります。それらを全て勘案し、もっとも有利な方法で雑損を更正することになるようです。
[PR]
by gskay | 2006-11-28 23:59 | 損害と回復