いやがらせ
引用した記事からは、礼意が感じられません。紛争の相手であるからと言って、許されることだとは思えません。好意からの贈り物ではないだろうと思います。

姉歯被告へ…Xマスプレゼントはヘルメット


 耐震強度偽装事件で建築基準法違反などに問われた元1級建築士・姉歯秀次被告(49)の判決公判が26日、東京地裁で行われる。検察側は懲役5年、罰金180万円を求刑。住宅の安全を揺るがした事件の刑事責任を司法がどう判断するか注目だが、判決を2日後に控えた24日、姉歯被告に何とも皮肉なクリスマスプレゼントが贈られた。

 姉歯被告の自宅を訪問したのは被告が手がけたグランドステージ(GS)東向島の元住民で対策委員会の代表・田中拓さん。何度も呼び鈴を押したが反応はなし。エアコンの室外機は稼働している。居留守であることは明らかだった。玄関前のゴミ袋にはビール缶が約30個詰められ放置されていた。「飲み会…。信じられない」と田中さんは絶句した。

 それでも田中さんは、家の中でひっそり息を潜める姉歯被告に向け反撃を開始。「彼にはこれをプレゼントします」と言うと、持参した紙袋から黄色のヘルメットを取り出した。後頭部には「GS東向島解体工事 姉歯秀次」。大手百貨店で自費で購入したという。「解体工事ならできるはず。建て替えも? それは嫌です。無理です。彼には不可能です」住民たちの抗議文も添えると、足早に立ち去った。

 クリスマスイブの、この日、周囲の家の玄関先はもみの木にきらびやかな照明が飾られていた。だが姉歯被告の玄関先は黄色のヘルメットが、むなしく悲しく光を放っていただけだった。

(2006年12月25日06時04分 スポーツ報知)

メディアへの露出が多い人物です。とある会議で見かけたことはありますが、会話を直接した事は無く、どのような人物がであるかは知りません。

ただの腹いせのための「いやがらせ」ではないかと思います。

刑事上の処罰がある以上、私的な制裁は許されないと思います。損害についての追及だとしても、妥当性はないと思います。

ビール缶についても、記事では表現が微妙になっているものの、言いがかりや八つ当たりの類いに過ぎないように思います。

そして、この記事の報道の意図がわかりません。

元建築士の所行をみれば、「この位は当然だ」とでもいうのでしょうか?私は、私的制裁やいじめ、いやがらせを容認すべきだとは断じて思いません。損害原因や責任の追及、損害回復のための努力とは全く関係のないことだと思います。

あるいは、これを機会に、ヒューザー物件の住民の卑劣さをメディアで取り上げようというのでしょうか?

まともな行為だと思えません。そして、それが報道されてしまっている点については、背景の事情や意図を含め、慎重に考えなくてはならないと考えます。
[PR]
by gskay | 2006-12-25 19:55 | メディアの狂騒