ちょっと、救われます。
住民としては、はじめて救われるコメントを聞いたような気がします。

流れが変わるのかもしれない予感がします。


Excite 倒壊恐れのホテルなど視察 耐震偽造問題で国交委

耐震強度偽造問題で、衆院国土交通委員会は29日、姉歯建築設計事務所(千葉県市川市)の姉歯秀次一級建築士が構造計算書を偽造し、地震で倒壊の恐れが指摘されているマンションなどの現場視察をした。

 林幹雄委員長らは午前8時45分ごろ、ヒューザー(東京都千代田区)が建築主で、指定確認検査機関イーホームズ(新宿区)が建築確認した千葉県船橋市のマンション「セントレジアス船橋」に到着。国交省、船橋市の担当者らから問題発覚から工事中止に至る経緯の説明を受け、約20分間建物内を回った。

 林委員長は「内部も外部も見た目には立派でどこに問題があるのか分からない。救済措置をどう取れるのかなど、午後からの質疑で議論を詰め一刻も早く対応したい」と感想を語った。

 工事の担当者は「設計者に『鉄筋が少ないのでは』と指摘すると、『姉歯氏はこれが売りだから』と言われた」と説明したという。

 その後、営業休止中のホテル「京王プレッソイン茅場町」(東京都中央区)も視察。

 国交委は29日午後、関係者を参考人として招き、偽造が見逃された事情などを質疑。ヒューザーの小嶋進社長や木村建設(熊本県八代市)の木村盛好社長ら6人が出席、姉歯建築士は「精神的不安定」を理由に欠席を伝えた。〔共同〕


報道番組での、調子に乗りすぎた企画の後の、冷静なコメントだと感謝します。

でも、そろそろ、普通の人の関心で理解できる対象ではなくなりつつあるような気がします。

ヒューザー以外にも問題が波及し、そこに埋もれつつあるように思います。注目されなくなっていますが、これが、いい方に転ぶのか、悪い方に転ぶのかわかりません。

悪い方にころんで、放ったらかしになったりするのは、困ります。過剰な取り上げ方で、誤解を招くのもいやですが。

(追記 2007.1.13) リンク切れのようです。 http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20051129NN000Y31029112005.html も同じコメントを扱っていたと思われるので、本文を探し引用しました。 http://blog.livedoor.jp/huser/archives/50203429.html を参照して、復元引用しています。
[PR]
by gskay | 2005-11-29 11:33 | メディアの狂騒