エレベーター休止
仮住まいのマンションのエレベーターが部品交換のため、半分しか稼働していません。

普段は、すぐにエレベーターがやって来ます。他の人と乗り合わせることは少なく、乗り合わせたとしても、せいぜい2グループ。自分が降りるまでに、2つの階に止まることがあるくらい。

ところが、半分しか稼働していないとなると、待ち時間が倍ではすみません。乗っている人数も倍以上。さらに、停止する階も増えてしまいます。

満員に近いエレベーターは、ここに越してはじめてです。停止する階が増えてしまうと、折角の高速エレベーターが、ちっとも高速でなくなります。加速する前に、途中の停止階が来てしまいます。高い階では、とても時間がかかって、ストレスです。

いかに適切に配置された優れたエレベーターを使っていたのかを、しみじみと感じます。

乗り合わせた子どもが、パニックになっていました。トイレに行きたかったようです。いつもなら、とっくに到着しているはずなのに、待たされたあげく、頻繁に停止するために、なかなか自分の階に着きません。……同情しました。

とりあえず、セーフだったようです。ダッシュでエレベーターから降りて行きました。

乗り物に乗るときは、ちゃんと済ませておかないとね。たとえ、自分のマンションのエレベーターでも。

いつもは、こんなことにはならないけれど、いろいろと学ぶことがありました。
[PR]
by gskay | 2007-02-08 17:52 | 仮住まい