更正の手続きと確定申告
所得税の確定申告に行って来ました。バタバタしていて、税務署になかなか行けず、ギリギリ気味です。ギリギリになると混雑するという話だったので、朝一番で行きました。

まず、昨年分の更正請求。ヒューザーから中間配当があったことと、区による建物の再評価が行われたことで、更正が必要になりました。さらに、解体費も含めて計算しました。

昨年の申告では、消費税から計算した建物価格を雑損として計算しましたが、区による鑑定や、固定資産としての評価を再検討し、最も額が高い金額で申告することになりました。区からその認定書をもらっています。私の場合、固定資産としての評価が認定されました。

また、ヒューザーからの配当については、建物消費税、建物価格、解体費として認められた債権の15%を雑損から差し引くことになりました。

その計算でトラブル発生。私は、前日にはりきって、エクセルで計算したのですが、税務署の担当の人と計算が合いません。3円の誤差がでます。

私は、建物消費税と建物価格と解体費を足した金額に0.15をかけ、最後に小数点以下を切るという計算をしました。偶然ですが、小数点以下はありませんでした。

一方、税務署の担当の人は、建物消費税に0.15をかけて小数点以下を切り、建物価格に0.15をかけて小数点以下を切り、解体費に0.15をかけて小数点以下を切り、それぞれを足すという計算をしていました。電卓の“M+”のキーを巧みに使いながらの計算でした。私は、すっかり、電卓を使わなくなっていたので、感心してしまいました。

小数点以下の切り捨ての回数の関係で3円の誤差が出たようです。

大した差ではありませんが、おかげで、3円雑損が増えました。その3円が影響する項目を二重線で消して訂正し、訂正印を押して終了でした。

昨年の計算のままでは、ほとんど来年への雑損の繰り越しはない位でした。今回の更正により、繰り越し可能な4年のうちの残りの2年についても、繰り越すことになりそうです。(今年、余程、大儲けをしたら別ですが、残念ながら、そんな予定はないので……)
[PR]
by gskay | 2007-03-14 10:18 | 損害と回復