耐震基準を下回る建物
いずれも、昨日今日、解ったことではないと思いますが、数週間前に発表されていたら、大変なことになっていたかもしれません。安全に対するパニックとヒステリーが、おさまった今だからこそ、発表できるのかもしれません。

もし、パニックやヒステリーが、役所や病院に及んでいれば、地震が来てもいないのに、役所の機能はストップし、入院患者は行き場を失っていたかもしれません。

大阪府庁本館「震度6強で倒壊の恐れ」 耐震基準下回る

<耐震診断>受診の病院は14%だけ 厚労省が費用補助へ


冷静に、周囲を眺めれば、こんなものです。おそらく、古い建物の既存不適格が中心だと思われます。しかし、新しい基準で建てられていても、建築確認も検査もデタラメで、それに施工の怪しさが加わり、信用はできません。

適切な対応が必要であることには疑いはありません。

ただ、うちのマンションのような、パニックやヒステリーにあおられた混乱した対応ではなく、冷静な対応が図られることを期待したいと思います。
[PR]
by gskay | 2006-01-30 20:05 | 安全と安心