ヒューザーが提訴
ヒューザーが訴訟をおこしたそうです。建築確認の権限をもつ特定行政庁である自治体を相手にしたものだそうです。

民間確認機関に対しても訴えているのかどうかはわかりませんが、代行させたということで自治体を相手どっているようです。民間検査機関は、特定行政庁からの玉突きで、訴えられるのかもしれません。

また、デタラメな設計図を用意して来た設計事務所を訴えたのかどうかもわかりません。

建築確認の申請は、建築主の役目であるので、いい加減な建築確認で不利益を被ったとして訴えるのは妥当だと思います。しかし、デタラメな設計図の申請をしたのは、建築主自身であるし、建築基準法は、基準の確保の努力を建築主や所有者に求める法律であるので、全面的にヒューザーの言い分通りになるかどうかは微妙だと思います。

しかし、少なくとも、建築確認自体がデタラメであった事情が司法の場で裁かれ、その責任の範囲は明らかになることと思われます。

違法建築の設計図を作ってしまった張本人は別にいるので、「言語道断!」という反応もあるのかもしれませんが、建築確認がいい加減でなければ、建築されることも分譲されることもなかったはずです。ヒューザーは瑕疵担保責任を負う事もなく、物件も売れていたと思います。営業活動を止める必要もなかったでしょう。また、誤った建築確認への対処が的確であったなら、混乱も起きることはなかったでしょう。

いずれにせよ、「損害」は出なかったはずです。その損害の責任を問うという姿勢を歓迎します。

さらに、建築主としては、デタラメな設計図を作った設計事務所や建築士にも責任を問うべきだと思います。申請者は建築主ですが、専門家として「設計」に関わり設計図を用意した責任は、建築確認の誤り以上に重大であると思われるからです。構造設計を依頼した先にさらに賠償を請求するかどうかは、その設計事務所が考えればよいのではないかと思います。

今後、訴訟関係は、複雑になっていくと思います。責任を一カ所に押し付けることは出来ないため、お互いに訴訟合戦になるかもしれません。デタラメな仕組みを作っておいて、しっかりと管理できていなかった国を自治体が訴えるかもしれません。民間機関も当然巻き込まれるでしょう。そうしてエスカレートしていく時、いたずらに長引かせるのではなく、妥当な合意点を見出せるような努力に切り替えてくれれば嬉しいと思います。

ところで、訴訟費用が大きいことで、文句をいう住民が居るとか居ないとか。そんな目先のことを考えて怒っている人が、いまだに居るとは驚きです。フィクションってことはないですよね?
[PR]
by gskay | 2006-01-31 00:22 | 損害と回復