申請や手続きの電子化
様々な分野で、障害や困難を乗り越えて、文書の電子化が進んでいます。しかし、官公庁は、紙の書類が中心でないとダメなのかもしれません。電子化へのアレルギーさえあるのかもしれません。

確かに、申請書の正本や、バックアップのための印刷は必要だと思いますが、書類の処理の中心をコンピューターに置き換えるのは、もはや難しくない時代が来ていると思います。

国によっては、手続きに必要な様々な書類はネット上で申請者が作成する仕組みを活用しています。そのデータは、ただちに政府に保存されると同時に、PDFなどの書類として出力され、それを印刷しサインして窓口に持って行くという仕組みが整備されています。手続きのための正本はサインをした紙であるものの、窓口の担当者は、コンピューター端末の画面を見ながら、問題がないかをチェックします。

これは、窓口の担当者にとっても、都合がいいようです。「間違って入力したらどうするか?」、「始めから入力のやり直し?」などというような問題も、私が経験した限り、訂正箇所を手書きで訂正した書類にサインをして出したら、問題なく受理され、担当官がさっと、電子情報を修正しているようでした。

社会保険庁の問題は、電子化への対応の根本的なミスがあったように思います。本来、電子化は省力化しつつ、利便性を高めるべきもので、かつ、システムは常に更新され進化するものです。上層部も現場も、基本的な態度に問題があったのではないかと思います。
(それ以外の、もっと罪深いことも行われていたようですが)

また、一部の電子申請のシステムが、利用者が伸びないために姿を消したりしています。出来の悪いシステムが姿を消すのは仕方がないことだと思います。利用者が悪いとか、周知の不足などがいわれていますが、少しづつ進化させるという努力をおこたり、おそろしく前時代的で融通の利かないシステムを放置したことが原因だと思います。

中には、とても便利なシステムもあります。しかし、一般の人を相手にするシステムとしては、難易度が高いと思われるシステムもまだまだあります。

ところで、建築については、様々な場面で公的な手続きが必要になります。その手続きの電子化はどの程度進んでいるのでしょうか?

大臣認定プログラムとやらも、ネットからの申請や、電子媒体による申請には至っていなかったように思われます。印刷物をチェックするだけで、コンピューターでの計算の中身はチェックしていなかったと思われます。

プログラムを利用する際、その利用の仕方まできちんと記録し、電子的な形で提出したりチェックしたりする仕組みがあったら、耐震偽装のようなバカバカしい問題は起きなかったのではないかと思います。

一般人相手のシステムではなく、プロ向けのシステムです。そもそも、仕事の中身は、コンピューター相手。にもかからわらず、紙での申請にこだわる理由があるのでしょうか?

今回の法律改正では、どのような扱いになっているのでしょうか?そもそも、今回の改正に対応した大臣認定プログラムは出来上がったのでしょうか?

どの役所でも、仕事机の上にはコンピューターがあります。しかし、仕事の本質的な部分では、コンピューター化を拒否する流れが、まだまだ強いのではないかと思います。

行政における官僚の裁量の問題に比べれば表面的なものにすぎませんが、我が国のシステムが抱える深刻な問題の一つだと思います。官庁の電子化への対応のまずさが、我が国の足を引っ張っています。誤摩化しきれないほころびが、あっちこっちで噴出しているように見えます。
[PR]
by gskay | 2007-07-11 08:35 | いろいろ