インフラの安全性
地震による原発の損傷について、東京電力や公的機関の対応が批判されているようです。まず、安全に設計されていたかどうか。ついで、事後の対応が適切であったか。それに加えて、メディアに露出することになる上層部の態度。

安全については、今後、徹底的に検証する必要があると思います。想定以上の地震であったが、操業停止などはスムーズで、「想定以上」という想定の想定通りだった可能性があります。

漏れ出した放射性物質については、原子力発電所の本来的な構造というより、付属的な構造の部分からのものである可能性もあり、仮に本体が完璧だったとしても、そちらに目が行き届いていなかった可能性があります。幸い、影響が無視できる程度であるようですが、盲点があったのではないかと想像します。

衝撃的な映像として流れている火災については、これが、原子力発電所に特有な構造なのか、それとも発電所であれば存在する構造なのかによって、評価が分かれると思います。火災への対応状況も問題視されていますが、これは、しっかりと反省しておくべき問題です。

事後の対応では、特に、状況の把握や公表、公的機関への報告などが批判されているようです。これについては、その時点での暫定的な情報把握にすぎず、その後、悪い情報が増えるのは当然のことのように思われます。情報の仕事をしている割には、マスコミはそのあたりのことを配慮できないようです。

情報を公開する担当者は、当然それを配慮するべきです。もしかしたら、その配慮が不十分だったのかもしれません。これは、東京電力からの発表についても、公的機関からの発表についても、何ら差がないことだと思います。

しかし、マスコミもマスコミ。公表された内容を垂れ流しにしておいて、その後の情報の修正について、情報を公開した側の責任を問うのは、おかしいことだと思います。なぜなら、マスコミ自身も、その情報が暫定的で、その時点で把握されている情報にすぎず、その後の情報の収集によって増えるという当然のことを前提に報道すべきだからです。

そうした前提がおざなりにされているばかりか、センセーショナルに取り上げようとしているのか……。そんな理不尽な取り上げ方ばかりであるため、情報公開に後ろ向きな風土が生まれ、隠蔽にもつながるのではないかと思います。

ところで、公的機関への情報伝達の遅れは、毎度のことですが、訓練などとどのように違ってしまったのか事後に充分検討するべきです。影響が限定的であるものの、しっかりとした対応が必要です。それほどの施設を扱っているのですから。

放射性物質の漏れ出しの程度については、訳のわからないたとえでなく、きちんと数値を出すべきだと思います。放射線作業従事者への研修などでもよく使われるたとえですが、「ラドン温泉が……」というのは、イマイチだと思います。それより、自然界の放射線、ついで医療放射線との比較の方がいいのではないかと思います。

さて、地震への対応の本筋からズレてしまうものの、東京電力の上層部の発言は、困ったものだと思います。昨今の一連の事件や事故は、そうした事態への組織への対応の重要性を教えてくれていたはずです。すなわち、「危機管理」。

現場レベルでは同じことかもしれません。しかし、後方にいる上層部の危機への対応が適切であれば、信用を上げることにつながります。逆に不適切なら、信用は失われます。

漏れ出た放射性物質の影響については、漏れ出させた会社は数値などを出すにとどめ、その評価は第三者や公的機関に委ねるべきでした。なるべく早く安心してもらおうという気持ちからの発言だと思います。その気持ちはわかりますが、迅速に第三者や公的機関が引き継いでくれることを信じ、発表すべき事をだけを発表すべきでした。

また、知事への報告で、「いい経験になった」とか、何とか。それは、知事の方が評すること。その知事がどういう人物か私は知りませんが、不機嫌になって当然だと思います。若造だとなめられたのでしょうか?そもそも、地震の影響は発電所だけではありません。対応に忙殺されている知事を前に何を言っているのでしょう。

東京電力の現場の対応や、これまでの安全対策については、今後、徹底的に究明されるべきだと思います。しかし、上層部の危機管理能力の欠如は、そういう問題とは別に、組織にとって重大なことではないかと思います。

ところで、ニューヨークの中心地で、蒸気のダクトが爆発しました。マンハッタンの街中にダクトが張り巡らされていることは有名ですが、このダクトが老朽化しています。爆発したダクトは、1920年代のものだそうです。

スチームがもくもくと上がり、土砂が噴出する様子は映画のよう。同時多発テロを彷彿させる光景です。

爆発後、すぐに市長が、テロを否定しました。そして、交通機関の代表者や、ダクトを管理する会社の代表者が状況や対応を説明しました。交通への影響や、周囲への電力や水道の提供が問題になりますが、それについての説明でした。加えて、古いダクトであることから、アスベストの被害について注意が発せられました。

何となくスムーズな対応です。これに安心してか、何となくのんびりしていて、道行く人は、足をとめ、携帯で写真をとっています。ちょっと離れた場所の警官は、飲み物を片手に警戒をしています。また、ニュースは、配管に用いられたアスベストによる発ガンへの影響と、混乱による経済被害を心配しています。

街中に同じようなダクトが埋まっているということは、今後、同じような爆発が起きてもおかしくないということだと思うのですが、あまり気にかけていないようでした。結構、「危ない街」だと思わせてくれます。

すでに、約20年前から同様の事故は起こっており、抜本的な対策が必要なはずです。しかし、諸般の事情で不十分であるようです。インフラの安全性と利便性や経済効率との間にてんびんをかけて考えているのかもしれません。日本人の「ゼロリスク」追求社会であったら、許してはおけない程の状況だと思います。

まあ、そうは言っても、日本の「ゼロリスク」追求も、耐震偽装への対応や、古い建物への対応で明らかになったように、不勉強なメディアの狂騒と、それに人々が一時的に煽られているだけで、喉元をすぎると、誤解や偏見などを残して、忘れ去られていくようですが……。
[PR]
by gskay | 2007-07-20 04:33 | 安全と安心