気に食わない候補
選挙制度は、票を積み重ねて当落を競うだけの仕組みなので、マイナスの評価を選挙に反映させることはできません。従って、どんなに気に食わない候補がいたとしても、その候補が票を集めることができる限り、当選してしまいます。気に食わない候補がいても、落選させようと言う直接的な運動は成立しません。

気に食わない候補の当選を阻止する対抗策は、その候補に対立する候補を支持して当選させ、定数を埋めてしまうという間接的な方法しかありません。ただ、現状では、対立候補も対立候補で今イチであったりするため、結局、あきらめて無関心や無投票にならざるを得ない雰囲気になってしまっているのかもしれません。

ところで、選挙区であれば、対立する候補を応援するというのは、単純です。しかし、比例区、それも非拘束名簿方式の参議院の場合は、単純ではありません。

気に食わない候補がいるからといって、その政党に背をむけることが、気に食わない候補への対抗には必ずしもなりません。別の政党に投票すれば効果があるように思えます。しかし、その政党の当選者数が多少減るかもしれませんが、必ずしも、気に食わない候補に影響するとは限りません。

そもそも、1議席を確実に減らすためには、120万票も動かさなくてはなりません。また、その候補もそれなりに票を集めていると思われ、当選できる順位を得たなら、政党全体の当選者数はともかく、その候補は当選してしまいます。

現実的に、気に食わない候補に対抗しようとするなら、その候補の政党内での順位が下がるように投票する方が確実です。動かさなくてはならない票数は、政党全体に打撃を与えようとする投票よりも少なくても済みます。

もし、それだけの力があるのなら、その政党の中から挑戦するのも、気に食わない候補への対抗の方法になると思います。それだけの票数を動かせる力を、政党は指をくわえて見ている訳がありませんから。

今の所、比例で気に食わない候補の当選を阻止する方法は、その政党の他の候補に頑張ってもらうのが一番です。もし、頑張ってもらいたい候補が得票を充分に延ばせず、当選順位まで届かないと、気に食わない候補が有利になってしまうというのが、最大の難点ですが……。

前回の参議院選挙では、比例で防衛関係者が2人立候補し共倒れをしています。たしかに、そういう共倒れを誘導するのも方法かもしれません。ただ、気に食わない候補がそういう共倒れにおちいるような支持基盤であるとは限りません。得票を減少させるような方向で対抗策を考えるのは難しいように思います。

ところで、防衛関係では、その反省のためか、一本化しているようです。一本化しているだけでなく、英雄的な人物が立候補しています。きちんとよく考えていると思います。
[PR]
by gskay | 2007-07-26 05:17 | 政治と役所と業界