野党第一党
自民党が第二党であるにも関わらず、政権を保っているのは、政権を奪うための大胆な連立のおかげです。断じて、独力で勝ってきたからではありません。さかのぼれば、村山政権以来、自民党は単独で政権を維持している訳ではありません。

連立の要請は、「政権」党にこだわる勢力から出たものかもしれません。しかし、連立が前提になってしまうと、「政権」党であればどこでもいいという勢力を身内に持ち続けることに意味がなくなります。そうした勢力とは、必要に応じて連立すれば済みます。むしろ、身内にかかえることで、「自民党」らしさが損なわれます。

その問題に大胆に挑戦したのが、小泉政権の「自民党をぶっ壊す!」だったのではないかと思います。自民党は、「政権を担い続ける政党」から、「政権を競う政党」に変化しました。もはや、政権を前提とした寄せ集めの政党ではありません。

「政権」党には、議員を出そうと様々な勢力が集まります。これは、自民党に集まっているのはなく、政権に集まったものです。自民党に所属して政権を取るのが目的ではなく、政権をとっている自民党に所属するのが目的で、本末が転倒しています。そのような本末転倒が自民党からは、どうやら排除されたようです。

一方、野党第一党の民主党の方は、「反自民」プラス「反政権」を結集した大政党です。いよいよ政権交代の機運が高まり、ここに、「政権に群がる」勢力が加わろうとしています。

ドブ板選挙を制し、小選挙区や一人区でせり勝つという選挙は、ますます有利になっていくと思います。しかし、寄せ集めに近い勢力を持て余すことが危惧されます。苦労してようやく「政権を競う政党」に脱皮した自民党以上の苦しみを経験することになると思います。

現状では、いびつな程に巨大な政党に育っていますが、中身をみると、あくまで、「野党」連合。本当に「政権を競う政党」になっているかどうかは疑問です。

自民党の変化により、「反自民」イコール「反政権」ではなくなりました。「政権を競う政党」の一方になるためには、「反政権」に執着する勢力が民主党の中でどのように変わって行けるかにかかっていると思います。

次いで、「政権に群がる」勢力といかに折り合いを付けるかが問題になると思います。古い自民党が、新しい自民党に脱皮する上で、最も苦心した点だったと思います。

勢力的には民主党は拡大しましたが、いざ政権を担うとなると、この勢力を維持できるかどうかは微妙ではないかと思います。「政権を批判する党」にとどまっていて、「政権を競う党」になりきれていないからです。政権に近付けば近付く程、不安定になっていくことが懸念されます。

そこが、政界再編の糸口なのかもしれませんが……。
[PR]
by gskay | 2007-08-02 06:43 | 政治と役所と業界