金利の変更
住宅ローンの金利の変更のため、銀行の担当者の話をききました。金利軽減措置の延長についてです。

金利は、持続的に上昇中ということでしたが、アメリカのサブプライムローンの問題を引き金とした世界経済の影響があったのか、前月にくらべ、金利が下がったという話をききました。

アメリカの金利が下がったため、為替の安定を維持するために、日本の金利も下がったようです。仕事の関係で外国にいる時には、個人的には、円高の方がうれしく思えるのですが……。

竣工に向かう物件や、着々と補強が進む物件がある中で、うちは、まだまだ時間がかかります。銀行とのつきあいは、長く続くことになりそうです。
[PR]
by gskay | 2007-10-07 00:55 | 損害と回復