国権(その2)
生命や財産についての判断について、最終的な主体は「国」だと思います。国よりも下位の主体は、個人であろうと法人であろうと、国の判断に従うものだと想定されているように思います。

生命に関しては、国は、死を強制することができます。刑罰では死刑が含まれます。軍事的な問題では、相手の生命を奪う行為が正当化され、かつ、死を前提とした行動が強制されます。

この強制を、個人や法人が行ったら犯罪です。

財産についても同様です。モノの価値を、ゼロにしてしまうことができます。基準を定めて、違法だと宣言すれば、そのモノについての「正常」な取引は不可能になります。また、所有についての紛争は、裁判所の判断が最終決着になります。

表面的には、国の力は絶大です。しかし、こうした国の権限は、取り締まりをきちんと行わない限り、確立することはできません。

アンダーグラウンドに非合法な組織ができて、非合法な行為を行うことによって利益を上げています。非合法な暴力行為や、薬品や金融などの非合法な経済行為。民事上の紛争への介入。

こうした非合法な組織との戦いこそが、国の力の確立には不可欠です。ところが、そこよりも、明確に禁止されているはずの侵略の心配や、安全を建前にした効果の乏しい規制強化に力がそそがれています。また、司法については、行政の下請けに成り下がり、本来の任務が果たされていません。

個人や法人が、建前としては、自力でやってはいけないことがたくさんあります。しかし、国が、「ひきこもり」をしているために、国の力が及ばない「空白」が増えています。

規制緩和についての議論の問題点は、規制や緩和の主体はあくまで国にあるということを忘れている点です。野放しにして、自力で勝手にやっていいということが規制緩和ではなかったはずです。あくまで、規制の手続きや内容の見直しにすぎなかったはずです。取り締まりは、強化し充実されるべきでした。

しかし、規制緩和を議論するうちに、国が主体であったことを忘れ、責任の問題が曖昧になり、あたかも、自力で勝手にやっていいというのが規制緩和であるという幻想を作ってしまいました。推進する立場にも、批判する立場にも、誤解がはびこっていると思います。

また、司法の改革が、現在のテリトリーから踏み出そうという意識が感じられないことに危機を感じています。法曹関係者の養成や、裁判員制度は、プロセスの厳格化には役立つかもしれませんが、これも、耐震偽装後の建築基準法改正と同じで、煩雑化とともに、責任を曖昧にする仕組みではないかと疑っています。今やるべきことは、プロセスの能率をあげることと、司法が担ってもいいはずの領域に進出することではないかと思います。

同様に、国連の軍事的な判断に従うという発想に疑問を感じます。

国際社会は、国同士の関係で成り立っているにすぎず、それぞれの国が主体となって判断しています。国際社会や国際機関という主体が、それぞれの国以上の力をもつ主体にはなっていません。憲法の想定もこの範囲にとどまります。

そのような状況で、判断を国連に無邪気にゆだねることは、国民を危険に晒すことになりかねないと思います。当面、あくまで、判断は、国のレベルで行うことを大前提を確立すべきだと思います。

もちろん、将来、国連が国以上の力をもった主体になることがあるかもしれません。また、それを実現するために努力する意味があるかもしれません。しかし、そのことと、現状との間には大きな隔たりがあります。

憲法も想定してないこの「空白」については、明確な態度を国として明らかにしなくてはいけないと思います。

国内的にも、国際的にも、国というものの存在の意味を弱めてしまうような方向性には、十分な配慮が必要だと思います。

国内的には、基準や規制の貧弱な根拠や、責任の曖昧さ、取り締まりのいい加減さや不十分さについて、反省しなくてはいけないと思います。国際的には、国連主体という方向性自体は有意義だとは思いますが、それを支え続けるだけの国のシステムは確立していないことを反省しなくてはいけないと思います。

今は、この国のあり方にとって、大きな曲がり角なのだと思います。しかし、判断が困難であったり、だれも責任をとろうとしないために、「空白」が広がっています。この空白の先について、私には、悲観的にならざるを得ないような条件ばかりが目につきます。

(このエントリは、かつて、唐突につぶやいた 『国権』 というエントリの続きです。不作為や無責任、全体主義についての最近のエントリをつぶやきながら、こんなことを心配していました。)
[PR]
by gskay | 2007-11-06 02:12 | いろいろ