証人喚問と証言
耐震偽装の元建築士や小嶋社長のおかげで、参考人招致と、証人喚問の区別がつくようになりました。

元建築士は、議院証言法違反が問われました。証人喚問でのウソが国政に必要な調査を混乱させたことに対し、厳しい判決が出て上告中です。ただ、設計にあたって偽装をしたことを考えると、ウソつきが「私は正直者です」と言っている話と同じように考えるべきで、混乱させられた方も、混乱させられた方ではあります。

小嶋社長は、「刑事訴追のおそれ」という言葉を乱発しました。これには前例があるようです。あまり、国会に対し協力的とはいえません。ただ、質問の内容も国政の調査にどうつながるのか疑問を感じるようなものもあり、質問する側も配慮すべきではないかと思います。

前防衛事務次官の証人喚問は、「宴会」や「会食」という疑惑とやらに登場する政治家について、それがどれだけの問題なのかすぐにはわからないのですが、とりあえず、大騒ぎ。真偽を確かめるところで、一荒れあるとして、もし、その証言がウソだったりしたら、はやり元建築士と同じように罪を問われるのでしょうか?

財務大臣が、どのような方針で大臣をしているのかわかりませんが、様々な問題があり、それが、軋轢を作っているのは想像できるため、いろいろと余計なことも考えます。道連れになってくれれば、喜ぶ人も少なくないと思われます。

一方、防衛という重大な任務について、制度的な不備は、それなりに明らかになったのかもしれません。巨大な権力が発生して、それが腐敗する仕組み。よりによって、防衛という危険をともなう一大事について。その成果を防衛政策に活かせるかどうかは、これからだと思います。

証人喚問のあり方については、まだまだ工夫の余地がありそうだと思います。捜査機関や司法とは別の視点が要求されるはずですが、ゴチャゴチャです。そして、注目されるのがゴシップのレベルで、本質的な仕組みへの関心が今一歩足りないような気がします。

さらに、証人に対しては、証言の誠実さを確保するための配慮が足りないような気がします。ウソに対しては厳しく対処するべきです。とりわけ、「道連れ」は、元建築士がとがめられたのと同じように、どのような意図にせよ、厳しく対処されなくてはならないと思います。

一方で、あえて「刑事訴追のおそれ」を克服して発言した場合には、その後の司法的な判断にいて酌量すべき事情として取り上げるようにするなどの配慮が必要だと思います。その証言が国政に必要な調査に有益だったことを評価してもいいのではないかと思います。
[PR]
by gskay | 2007-11-16 22:21 | いろいろ