ひとくくり
「偽装企業」ということで、ひとくくりにしていいのか疑問です。世間の風潮をなぞるだけの安易な分析による記事だと思います。

復活、破綻…「偽装企業」それぞれの明暗(産経新聞) - Yahoo!ニュース

11月25日22時28分配信 産経新聞

 「偽装」が相次いで発覚する中、問題となった企業の“発覚後”で明暗が分かれている。「白い恋人」の石屋製菓などがV字回復の兆しをみせる一方で、再建を果たせず破産の道をたどる会社や、赤福、船場吉兆のように製造・営業再開のめどすら立たないところもある。それら企業の大半は、隠蔽(いんぺい)の温床となりやすい同族やワンマン経営で、発覚後の責任転嫁の姿勢が問題の根を深くしているケースが少なくない。真摯(しんし)な反省と、閉鎖的な体質からの脱却が鍵を握っているようだ。

■回復組

 「二度と消費者を裏切らない」。石屋製菓の土産菓子「白い恋人」の製造が再開した今月15日、島田俊平社長は目に涙を浮かべ決意を語った。

 同社は賞味期限改竄(かいざん)が発覚してわずか10日後に創業家一族が取締役から退任し、北洋銀行の常務だった島田社長を招聘(しょうへい)。約10億円を投じ、賞味期限の表示を箱への印字から個別包装に改めた。一気に“膿を出し切る”真摯な姿勢は信頼回復につながり、22日の販売再開初日に店頭に並んだ約8万5000箱は、ほぼ売り切れた。

 平成12年6月、戦後最大級の約1万3000人の食中毒被害を出した雪印乳業。元工場長ら2人が有罪判決を受け、法人としての雪印乳業も罰金刑を受けた。

 主力の乳飲料部門の売却など解体に近い出直しを迫られたことを受け、消費者団体から社外取締役を招き、倫理委員会を設置するなどの“血の入れ替え”を断行。今年3月期決算で7年ぶりの配当が決まった。

■転落

 「うちも悪いが喜んで買う消費者も悪い」「みんな本当は同じことをやっている」。食肉偽装を20年以上前から行っていたミートホープの田中稔元社長は今年6月、こう言い放った。発言は強い批判を招き、田中元社長ら4人が逮捕される刑事事件にも発展した。

 売れ残った赤福餅(もち)を再利用していた赤福は、発覚当初の会見で「売れ残りは焼却していた」と釈明。それが6日後に一転して偽装を認めた。それでも「現場主導だった」という主張は変えず、不正開始当時の社長が会見したのは発覚の約20日後。真相の小出し、偽装の上乗せは不信感を強め、その後も営業禁止処分は解けず、製造再開のめどは立っていない。

 今年1月、消費期限切れ牛乳を使用したシュークリームの製造が発覚した不二家も、約2カ月前に事実を把握しながら「雪印の二の舞になる」と隠蔽したことが消費者の心象を悪くした。ダメージは根深く、9月期の中間連結決算では営業損益が71億円の赤字となった。

■真摯な姿勢

 17年11月に発覚した姉歯秀次元建築士による耐震偽装事件ははっきり明暗を分けた。

 解体が決まったマンションについて、居住者からの買い取りに消極的だった開発会社ヒューザーは、破産と社長の逮捕に追い込まれた。一方、不動産会社シノケンは、事件への関与はなかったが、「責任を感じている」として、約2カ月間で補償などに約30億円を投入。当初は赤字に転落したが、その後はホテル事業に乗り出すまで業績が回復している。

 山崎昌子・日本消費者連盟関西グループ世話人は「偽装が発覚した企業が再生するには、真摯な自覚が重要。従業員に責任を押しつけたり責任感のない会見をしたりすればすぐに分かり、消費者の不信に拍車をかける。率直な謝罪と、身の丈にあった営業規模が大切」と話している。

引用の記事の前半は、食品関係の事件を取り上げています。表示の偽装と、材料の取り扱いの問題がありますが、扱いがゴチャゴチャです。あまり感心できる記事ではないと思います。

表示の問題の場合、材料や生産・製造方法を偽った場合と、日付を付け替えた場合があります。材料や生産・製造方法の偽りについての問答は不要かと思われます。しかし、日付については、安全性や品質の確保を目的としているので、きちんと、メーカーが保障できるのであれば、事情によっては許されるものも含まれているような気がします。

消費期限や賞味期限については、製品の品質の変化や劣化をきちんと検討した上での判断であれば、付け替えも妥当としてもよいケースが含まれているように思います。また、製造日をいつとみなすかということも、入れ替えたり、包装をかえたりした日を製造日だと言い張ることもできるわけで、単純ではないだろうと思います。

一般的には、字面から受けるイメージだけで、消費者は判断します。そういう意味では、期限や日付の定義が、曖昧だったり、紛らわしいことが問題を複雑にしています。これを期に、新たな表示方法を検討するというのも良い方法かもしれませんが、ますます複雑になるだけならやめて欲しいと願います。

また、農林水産省の立場と、厚生労働省の立場も異なり、ここに経済産業省まで加わったりすることも、複雑さの原因なので、国としてきちんとした方針を出し、取り締まりの仕組みも確立しなくてはいけません。

一方、材料の取り扱いの問題は、食品加工業者としての高度で技術的な問題です。材料の品質管理は、消費者にむけて表示される期限を守ることと同一視することはできません。業者は、技術力によって製品の品質を確保しなくてはいけません。引用の記事にある雪印の食中毒は、品質管理に失敗したケースです。技術力の問題であったと思います。

しかし、不二家については、問題の扱いが適切であったのかどうか、私は疑問に思っています。きちんと品質は管理されていて、安全は確保されていたのではないかと思います。ただし、事件発覚後の対応は別です。危機管理の点で失敗です。たとえ、問題がなかったとしても、騒動に巻き込まれた場合には、それをうまく切り抜けなくてはいけません。

さて、耐震偽装。

引用の記事では、「不動産会社シノケンは、事件への関与はなかったが……」という表現が、ヒューザーの関与があったかのように取られかねない表現だと思いますが、そういう意図はないのかもしれません。

ヒューザーとシノケンには、業務内容から大きな違いがありました。ヒューザーは所有者が居住することが前提の分譲マンションの会社でした。しかし、シノケンは、賃貸目的の投資用分譲マンションの会社でした。問題の処理のされ方が全く異なっていました。

シノケンの場合、マンション住民は賃貸で入居しているため、適当な補償によって退去を促すことが簡単でした。マンションオーナーへの補償の問題についても、居住する所有者への補償の問題とは意味合いが異なっていました。そうした事情を抜きにして、所有者が居住することを前提としたマンションを販売していたヒューザーの対応と比較するのは適当ではないと思います。

あたかも、問題を整理するかのような姿勢で書かれているように見える記事ですが、あまり感心できない出来映えだと思います。
[PR]
by gskay | 2007-11-27 14:01 | メディアの狂騒