リコール
住宅や建物の欠陥と、自動車の欠陥では、似ている部分もあれば、異なる部分もあります。似ている部分としては、安全に関して、公的な基準や取り締まりの対象になっていることがあげられます。一方、異なっている部分としては、住宅や建物は、各戸ごとに異なっていると考えられていて、対応は個別的です。これに対して、工業的に大量生産される自動車は同じ型であれば、同じものだと考えられていて、対応は車種ごとになります。

欠陥隠しとして問題になった三菱の問題は、不具合や事故の報告を元に危険を予知することができたかどうかということが本質だろうと思います。個々の不具合や事故から、その車種に潜む問題を見抜くことができたかかどうかという問題です。それが、その後の対応の前提になるからです。

この問題には、設計をした人、製造した人、販売した人、使用する人に整備をする人、それに検査をする人と多数の関係者がいます。そうした複雑な仕組みを直視せず、行政当局も、司法もマスコミも、事件の責任の所在を「虚偽の報告」という点に求めているように思われます。これについては、「虚偽」ということで、高度な技術が関わる問題を処理して良いのかどうか疑問です。少なくとも、技術的な問題についての決定的な説明を見つけることは、私にはできませんでした。

ところで、「リコール」という制度がないがしろにされていた点については、厳重な処分が行われることは大切なことだと思います。個別に処理されることが前提となっている住宅とは、異なる事情です。自動車については、「リコール」という制度が的確に運用されなかった点について、きちんと検討されることを期待しています。

三菱内部のデータの取り扱いについては、不確実なデータをどのように取り扱うべきかということが問われています。有罪と判断された三菱の「市場品質部」というのは、本来、そのようなデータの中で不利なデータを積極的に取り上げるのが任務だったのではないかと思いますが、単なるリコール逃れのための言い訳を考えるチームになっていたのかもしれません。

確かに、リコールを見つけると、それは会社の負担を増やすことにつながります。任務を全うし、リコールにつながるようなデータをみつけてしまうと、会社にとっては迷惑だったのかもしれません。むしろ、それをうまく誤摩化し続けるのが「市場品質部」の腕の見せ所になっていたのかもしれません。

不具合のある商品を送り出してしまったことの責任を追及するのが、「市場品質部」の本当の腕の見せ所だったはずです。「リコール」という形で、対応する筋道まで用意されているにもかかわらず、方向性を間違えてしまったのだと思います。

<三菱自タイヤ脱落>製造者責任、厳しく指摘(毎日新聞) - Yahoo!ニュース


12月13日23時59分配信 毎日新聞

 三菱自動車(現在は三菱ふそうトラック・バス)製大型車のタイヤ脱落・死傷事故を巡る13日の横浜地裁判決は、製品の安全に対し企業ばかりでなく企業内の担当者が社会に負うべき厳しい責任を指摘した。三菱自動車の欠陥隠しをめぐる三つの刑事裁判のうち、昨年12月の横浜簡裁判決は同社の虚偽報告について無罪を言い渡したが、この日の地裁判決は製造者の責任が強く問われる時代の流れを意識した内容といえる。

 地裁判決は当時の三菱自について「リコール回避の姿勢が顕著だった」と改めて隠ぺい体質を指摘し、さらに2被告が品質保証部門の責任者だった点を重視した。99年のバス事故を受けて開かれた会議で、元グループ長がリコールに対する懸念を「摩耗が原因」という別の原因説に従って簡単に引っ込めたり、元部長が詳しい調査を指示しなかったりした点を「漫然と放置した」と指弾した。

 またハブ破断の原因を整備不良などとした弁護側の主張に対し「製造者は、市場の実態として考えられる程度の基準の逸脱は想定する必要がある」と安全対策で果たすべき責任を厳しく認定。規制緩和の流れの中でリコール制度など「事後規制」の徹底を求める姿勢もうかがえた。

 来年1月16日にはクラッチ欠陥の放置により業務上過失致死罪に問われた三菱自元社長の河添克彦被告(71)ら4被告への判決が同地裁で言い渡される。三菱ふそうでは先月、リコールをして改良したクラッチ系部品に亀裂や破断が相次ぎ、約5万台を再点検すると発表しており、安全管理の課題はなお残されたままだ。【鈴木一生】



三菱自動車元部長らに有罪判決 トレーラー母子3人死傷事故(産経新聞) - Yahoo!ニュース


三菱自動車元部長らに有罪判決 トレーラー母子3人死傷事故

12月13日13時48分配信 産経新聞

 横浜市で平成14年、三菱自動車製大型トレーラーのタイヤが脱落、母子3人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた同社元部長、村川洋被告(61)と、元グループ長、三木広俊被告(59)の判決公判が13日、横浜地裁で開かれ、木口信之裁判長は村川被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固2年)、三木被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固1年6月)を言い渡した。
 三菱自の欠陥隠し問題をめぐって争われた3つの刑事裁判で、初の有罪判決。
 起訴状などによると、同社は平成4年から約7年間でハブ破損による前輪脱落などの不具合が十数件あり事故を予見できたのに、旧運輸省の報告要求に「多発性はなく、処置は不要」と虚偽の報告。リコールなどの改善措置を行わなかったことで、母子3人死傷事故を招いた。
 検察側は「欠落車を市場に拡散させており、未必の故意による殺人に比肩する」と指摘。一方弁護側は、ハブの破損・脱落について「ユーザー側の整備不良や過積載によるもので、ハブが強度不足だとの認識はなかった」と無罪を主張し、事故の予見可能性の有無が最大の争点になっていた。
 事故は14年1月10日、横浜市瀬谷区の県道で発生。走行中のトレーラーから重さ約140キロのタイヤが外れ、歩道でベビーカーを押して歩いていた大和市の主婦、岡本紫穂さん=当時(29)=らを直撃。岡本さんは死亡し、子供2人が軽傷を負った。
 三菱自の欠陥隠し問題をめぐって争われた3つの刑事裁判。母子死傷事故後に国土交通相にうその報告をしたとして、同社元幹部ら3人が道路運送車両法違反(虚偽報告)の罪に問われた裁判では、横浜簡裁が昨年12月、「正式な報告要求がなかった」として無罪判決を言い渡し、東京高裁で控訴審中。もう一つはクラッチ系統の欠陥で14年10月に山口県でトラック運転手が死亡した事件。業務上過失致死罪に問われた元社長ら4人は「クラッチ系統の不具合は認識していなかった」と無罪主張で結審しており、来年1月の判決が注目される。


事件の重大さと複雑さを考えると、何が争点なのか、的確に説明している記事は少ないように思います。単に、三菱というけしからん会社の関係者を罰するべきだという判決として報道する傾向になっているのではないかと懸念します。

ところで、昨年12月の横浜簡裁の判決をうけての控訴審も行われています。

「三菱ふそう元会長ら控訴審初公判 検察側、1審無罪の事実誤認主張」事件です‐裁判ニュース:イザ!


三菱自動車製トレーラーのタイヤ脱落による母子3人死傷事故にからみ、リコールを避けるため国にうその報告をしたとして、道路運送車両法違反(虚偽報告)の罪に問われ、1審横浜簡裁で無罪とされた三菱ふそうトラック・バス(三菱自から商用車部門が分社)元会長、宇佐美隆被告(67)ら3人と、法人としての三菱自の控訴審初公判が27日、東京高裁(池田修裁判長)で開かれた。

 検察側は「国土交通相の意思として、法律に基づいた報告要求があった」として1審判決の事実誤認を主張。弁護側は「法に基づく報告を国土交通相から正式に求められておらず、虚偽報告には当たらない」と検察側の控訴棄却を求めた。

 1審判決は、宇佐美被告らが、タイヤホイールと車軸を結合する「ハブ」について、強度不足データを隠匿していたことなどを認定したが、虚偽報告罪の構成要件となる国交相の報告要求はなかったと判断し、無罪を言い渡した。

 宇佐美被告らは平成14年2月、リコールを避けるため、技術上の根拠がないにもかかわらず「摩耗量0.8ミリ以上のハブを交換すれば事故再発を防げる」と口頭で国交省に虚偽報告したとして起訴された。

 三菱自の欠陥隠しをめぐる事件では、横浜市瀬谷区で母子が死傷した事件と、山口県でトラック運転手が事故死した2件の事件で、宇佐美被告らが業務上過失致死などの罪で起訴されており、横浜地裁で公判が続いている。

この裁判では、検察側の主張は、「官僚の無謬」を前提にしていて、行政がおかした不適切な手続きについて目をつぶっているのではないかと思います。

重大な不具合がある製品を送り出した責任は問われるべきです。しかし、問われている事情には、国土交通省の対応の杜撰さも関わっています。かつて、「揺れるマンション」顛末記 : 行政の裁量の限界というエントリで取り上げた問題ですが、高裁の判断がどのようなものになったにせよ、最高裁まで争って決着をつける必要がある裁判だと思います。業者に対する行政当局に与えられた権限と責任を明確にしなくてはならないからです。

行政の裁量の正当性を認める判断もありうると思います。その場合、私たちは、「御代官様のお気持ち次第」から逃れる方法が無くなる可能性があります。

自動車の「リコール」制度についても、建築の安全についても、その意義は尊重されるべきです。しかし、その運用にあたっては、「御代官様のお気持ち次第」がまかり通るような状況を作ってはいけません。
[PR]
by gskay | 2007-12-16 08:10 | 政治と役所と業界