ローンの心配
私の自己破産の心配をして下さっている皆さん、ありがとうございます。高度なコメントを頂き、読み応えがありました。

本当の地震で、マンションが潰れちゃっても、ローンは払うんだろうなと思っていたので、その状況を想像し、身の丈にあったローンを組みました。何とかなると思っています。

でも、本当の地震でないのに、壊されることになるとは、夢にも思いませんでした。

建て直しに成功したあかつきには、本当の地震の時でも、マンションは耐えてくれることでしょう。

でも、その時、周りの被害に対し、これまでのような他人事ではいられないような気がします。昨年の中越地震では、「今日の地震は揺れたねぇ、被害が出ているらしいよ」と、東京にいた私は、新潟で起きていることは他人事と感じていました。阪神大震災も、メディアを通して知っているだけです。

今回、こんな形で、地震対策の重要性を思い知らされました。

はじめは、「違法」といわれることに対し、「そんなルールを作るからいけない!」などと思っていました。

しかし、やはり、地震対策は重要です。

様々な政治的な動きは、「地震対策に資金を投入する」という決意となって欲しいと願っています。

起きてしまった地震災害に資金を投入するのは当然です。そこにとどまらず、私たちは、起きるかもしれない地震に対しても対策するという発想を持っている国民です。万全の対策で、いつおこるかわからない地震を乗り越えようとしています。

「昔は、地震が来ると建物が倒れて大変にことになったんだよ。でも、日本は、徹底的に建物を強くしたから、地震が来ても慌てる必要はないんだ」と、次の世代に説明できるような国をつくりたいと思っています。

だから、「地震対策」という「錦の御旗」に逆らうようなことはしないつもりです。

でも、その「錦の御旗」がはっきり掲げられているのかどうか不安です。

公営住宅の目的外の使用や、公的な資金は、「不公平ではないか」という疑念が起こって当然です。しかし、「地震対策」を「錦の御旗」とする決意があれば、理解されるのではないかと思います。

今回指摘された「違法」建築が、どのように不都合であるのかは、すでにメディアで大きく取り上げられています。住民にとっては、不安になるばかりの報道で、正視することが出来ませんでした。しかし、共通理解は得られていると思われます。(それが、正しい理解かどうかは、わかりません)

その不都合の解決に、支援が打ち出されています。

その支援は、どのような目標をもつものなのか点検しなくてはいけないと思います。

いきなり、私たちへの支援のみを論じ、何ができるかということを先に提示し、後で正当化しようという流れがあるように思われます。支援を受ける立場にあっても、違和感を感じます。

起きてしまった災害に対する支援はスピードが大切です。しかし、今回は、災害に備えることが目的であって、まだ災害は起きていません。

今後、同じようなケースが起きたときの先例になる重要な判断です。「地震対策」という「錦の御旗」がはっきりと掲げられぬまま、別の問題へと変質しているような気がします。

私のふところの心配は、ありがたいと思います。でも、今、つらいのは、街がとても危険なものにしか見えなくなってしまったことです。
[PR]
by gskay | 2005-12-04 17:33 | 損害と回復