補償
血液製剤によるC型肝炎の被害に対し、行政的対応でもなく、司法による判断でもなく、立法によって解決策が示されたことは、手続きについても、内容についても、大胆な一歩だったと思います。ただし、今後について気になることがあります。

この法律の内容や発想を、今後のあらゆる問題に対処するための行政や司法の基準としていくべきではないと思います。内容からみて、あくまで、立法によって解決すべき問題として残しておくべきだと思います。

そもそも、血液製剤を発売した時点では、重大の副作用についてはわかっていないはずだと思います。その後、徐々に問題が明らかにされ、その問題への対処が必要になりました。問題への対処が必要であるにもかかわらず、当局や製薬会社は、適切に対応しなかったとされています。それが、重大な不作為であったとされています。

問題を認識しようとせずに放置したり、対処に遅れがあったことが、必要以上に被害を拡大させました。このグズグズしていたという不作為に対しては、立法の有無にかかわらず、責任についての追及が必要であるとともに、こうむらなくても済んだかもしれない被害については、補償していくべきだと思います。

その一方で、使いはじめて明らかになる副作用があります。重大な副作用があるような医薬品を世の中に送り出さないようにする事前の努力は最大限に行われているはずです。しかし、残念ながら、技術の限界によって、予知不能な不可避の副作用があります。これについては、誰にもわからない出来事であるために、責任の所在を明らかにすることは困難です。生じてしまった副作用について、現場の医療機関で最善をつくすことしかできませんでした。

これまで、血液製剤によるC型肝炎の被害については、このような見方から、一旦、副作用という問題が明らかになり報告されたにもかかわらず、当局や製薬会社が、的確に対処しようとしなかった責任を問う問題として考えられてきました。行政側が考えていた点も、司法が判断しようしていた点もその範囲にとどまっていたと思います。

副作用が認識されるプロセスが迅速であれば、被害を最小限におさえることができたはずです。迅速な対処により、わずかな人の健康被害にとどまっていた可能性があります。決して被害者の苦痛は放置してよい問題ではないものの、被害を受けた人がわずかであったなら、このように大きな問題にはならなかったかもしれません。また、被害の拡大防止に並行して、迅速で適切な補償がなされていたなら、被害者も訴え出るという苦労さえ必要なかっただろうと思います。

そのような発想の枠組みをこえた意図が、今回の立法にはあると思います。

今回の立法措置は、医薬品の副作用を完全に排除することはできないものの、医薬品の副作用への対応について大きな意味があります。副作用についての責任の有無という点から一歩踏み込んだ対応になっています。深刻な薬害があったという観点を重視して考えているように思われます。

副作用が明らかになってからの投与と、それ以前の投与では、予防できたかどうかという観点からみれば別のことになります。しかし、被害の悲惨さに差があるわけではありません。過失の有無や不法行為の有無という問題とは異質の問題です。そこが重視されているように思われます。

不作為によって被害の拡大を防ぐことができなかったという点については、国の担当者の責任を追及していかなくてはいけません。これは、従来の発想の延長ということができます。しかし、それ以上に、医薬品によって生じた重大な被害への対応について、国に責務があるということを宣言したことが、この立法のポイントだと思います。

今後、不作為によって被害が拡大してしまうような事態は、このような立法によって国の負担が生じるという前例になりました。国の負担を最小限にするためには、不作為をなくすことが必要です。行政の担当者が、事勿れ主義によって、問題を無責任に放置することを許さない条件が設定されていると思います。

加えて、被害の認定について行政が行わず、司法の場で行うことにした点も評価すべきだと思います。取り締まり権限を分離することにより、肥大化した行政の裁量の縮小につながります。それだけの能力が司法にあるかどうかは問題ですが、これは、今後の司法の充実を強化すればいいだけのことだと思います。

ところで、同様の問題が浮上した場合、あくまで立法府の政治の場で決着すべきとしておく必要があると思います。問題の深刻さをどのように評価するべきかということは、行政官僚が判断すべき問題ではありません。もし、そのような判断を行政の官僚に託したら、事勿れ主義による不作為をチェックすることができません。また、逆に、事勿れ主義が逆に作用して、無闇に乱発しすぎると、肝心な医薬品の開発に支障をきたしかねません。

あくまで、立法府で、問題の重要性を政治的に考慮して対処していくべきだと思います。

それを取り上げて対応できる議員がいるのかという問題もありますが、今回の対応を見る限り、日本の国会議員には、もっと多くを期待して良いように感じます。少なくとも、技術や科学、知識に関する限り、現在の官僚は能力不足です。官僚に任せておくよりも、国会議員に期待をかけて、さらに優れた人材を国会に送って行かなくてはいけないように思います。
[PR]
by gskay | 2008-01-31 12:44 | 政治と役所と業界