格安航空券
格安航空券だけしかなかったら、飛行機は、赤字で飛べません。

航空会社をぬるま湯につけておくべきではないとは思いますが、経営を圧迫するような方向性を政府が打ち出すのは良くないと思います。

とりわけ、国際線については、日本航空についても、全日空についても、国策や国益を担って飛んでいると考えるべきだと思います。安全保障上の意味もあると思います。航空路を確実なものにしておくためには、ケチってはいけません。

国会議員の海外出張 若手議員がファーストクラスに「待った」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース


 国家公務員の「居酒屋タクシー」利用やマイレージの私的利用が問題化するなか、国会議員の国外出張にもスポットライトが当たりつつある。若手議員が、「ファーストクラスをやめてビジネスクラスにすれば経費が削減できる」との呼びかけを行ったのだ。もっとも、地方議会や中央官庁の官僚のレベルでは、ファーストクラスを使える層は、かなり絞られてきており、国会でもこの流れに追随することになるのか、注目が集まりそうだ。

■ビジネスに落とせば年間5000万円浮く

 国会議員は、国会の派遣で海外出張する際には、「最上級の運賃」が支払われることになっており、ファーストクラスの利用が認められている。

 航空運賃は、もちろん会社によって異なるが、正規運賃で比較した場合、ビジネスクラスはエコノミークラスに比べて2〜3割高く、ファーストクラスは約2 倍かかる。もっとも、これは正規運賃を基準に比較した場合なので、民間で一般的に使われている格安航空券と比較した場合は、その「格差」は、さらに広がることになる。こんな現状に、若手議員が異議を唱えているのだ。

 自民党の若手国会議員でつくる「税金の無駄遣いを一円たりとも許さない若手の会」は08年6月13日、「無駄の徹底的排除」を行うための中間提言を発表した。提言の中では、議員定数の削減、特別会計の廃止、天下りの禁止、「無駄遣い取締官」の創設、などが盛り込まれたが、ファーストクラスの利用についても検討対象とされた。

 「若手の会」メンバーの牧原秀樹衆院議員は、記者会見で

  「現在、国会の委員会出張はファーストクラス正規料金で行っているんですけれども、それを仮に、仮にですけれども、ビジネス(クラス)に落としただけで、(衆参あわせて)年間5000万円ぐらいの割り引きになる、と」

と、改革の意義を強調した。

 「国会議員はファーストクラスが当たり前」というのは、一般的な感覚からはかけ離れているとの声も上がりそうだ。一方、「居酒屋タクシー」が問題化した中央官庁職員や、地方議会レベルでは、若干事情が異なるようなのだ。

■国家公務員でファーストクラス利用は次官級

 例えば、国家公務員が海外出張する際は、ファーストクラスが利用できるのは次官級に限られる。ビジネスクラスを利用できるのも、課長級以上か、8時間以上搭乗する課長補佐のみだ。00年の法律改正以前は、全職員にビジネスクラスの使用が認められていたほか、本省の部長級以上であれば、ファーストクラスの利用ができた。

 一方、地方議会に目を向けると、97年には、東京都や神奈川県議会で、ファーストクラスの運賃を受け取っておきながら、実際にはビジネスクラスやエコノミークラスにしか乗らず、その差額を通訳料などに流用していたケースが問題化。神奈川県では、利用できる航空運賃の額が、ファーストクラスからビジネスクラスに改められた。

 それ以外にも、神戸市では02年にファーストクラスでの海外出張が市民オンブズマンに問題視され、利用する運賃をエコノミークラスに改めるよう申し入れが行われている。特に利用する航空券の種類を定めない場合でも、出張費用の上限が決まっているケースが多く、実際上は「ビジネスまたはエコノミークラス」というのが、地方議会では一般的なようだ。

 そうは言っても、民間では、上場企業であっても「部課長はエコノミーが当たり前、役員でも基本的にはビジネスクラス」との声も多い。そう考えると、「官民格差」は依然として残っているともいえ、今回国会で上がった「物言い」への「追い風」が、今後強くなる可能性もありそうだ。

国の場合、目先の経費の削減よりも重視されなければいけないことがあると思います。また、機内での待遇や快適さを基準に「贅沢だ」と言いたいのかもしれませんが、そういう問題ではないと思います。

格安航空券が、「格安」で入手できる理由は、正規料金での利用が一定以上あるからです。それが減れば、「格安」の格安度は減ってしまうと思われます。

確かにビジネスクラスの快適さが向上していて、ファーストクラスを廃止する航空会社が増えているので、ファーストクラスについての見直しは妥当かもしれません。我が国の航空会社もその辺を意識してもいいと思います。しかし、引用の記事のように、格安航空券を比較に出すのはおろかです。格安航空券が出回る理由を考えるべきです。

国がこのような経費の削減に血眼になると、自国の航空会社の経営を圧迫します。自国の航空会社を、もっと大切にしなくてはいけないと思います。経費だけを考えたら、外国のキャリアの利用も考えられるかもしれませんが、日本の航空会社を大切にした方がいいと思います。

国会議員をはじめとする公務員を運ぶのは、必ず届けなければいけない荷物を運ぶようなものです。そのための手だてを確保するための経費であるという視点で考えるべきです。

公務員の海外出張で公費で利用する場合、日本の航空会社が就航しているところでは、日本の航空会社を「正規料金」で利用することが原則であるべきだと思います。

たとえファーストクラスの正規運賃でも、普通の出張なら、政府が独自に航空機を確保するよりもはるかに安上がりで合理的だと思います。

そうした前提の上で、航空会社と運賃についての条件を交渉してもらいたいと思います。

引用の記事で取り上げている論調は、私費での利用や、個人での利用と、ゴチャゴチャです。変な公私混同になっていると思います。「そんな贅沢はけしからん」という問題意識で考えてはいけないと思います。

(ついでに言うと、引用記事中のエコノミークラスとビジネスクラス、ファーストクラスの正規の料金の値段差は、私が知っている差と全然ちがっていて、随分と少ないような気がします。)

ところで、私の場合、出張の種類によりますが、私費負担の一部しか支給してもらえないことがほとんです。もし、チケットが支給されるのであれば、つべこべ言わず支給された通りの便の決められた席に座ると思います。しかし、チケットは自分で手配することになっているので、出費は覚悟の上で、長時間フライトの場合、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーに乗るようにしています。

疲れ方が違います。ただし、サービスについては、ビジネスクラスでも値段の違いに見合うような差はないと思っています。食べ物も、飲み物も、地上だったら、もっといいものが簡単に入手できそうなものばかりなので、贅沢という気はしません。ガソリン代に直結したスペース代だと割り切っています。疲れ方が変わらないなら、わざわざ、そんな出費はしないと思います。

それはそうと、自腹である以上、値段には敏感です。日本の航空会社のプレミアムエコノミーも、かなり快適ですが、ソウルや台北経由のビジネスクラスの格安航空券の方が安い事が多いので、インチョン空港を経由する機会が少なくありません。(ちなみに、日本からソウルまでのビジネスクラスは、大抵がらがらです。あっという間に着いてしまいますから……。)

インチョンで感じるのは、日本の航空政策とは全く違う方向性がとられているのではないかということです。シンガポールのチャンギ空港でも似たような感想を持ちました。航空政策について、日本はかなり鈍感かもしれないと感じています。その鈍感さが、このような動きにもにじみ出ているように思いました。
[PR]
by gskay | 2008-07-01 13:22 | いろいろ