禁止措置
危険と隣り合わせということは、世の中にたくさんあります。危険は少ない方がいいのは確かですが、危険なことを排除していくことだけが、安全確保の方策ではありません。特に、教育現場では、危険にうまく対処したり、安全を確保するのための配慮を教えなくてはいけません。

事故への反省は必要です。監督や監視、指導が不十分であった可能性もあると思います。しかし、引用の記事の「飛び込み禁止」という通達は、「何もさせなければ、事故はおこらない」という消極的な対応であり、教育の内容からも、安全確保の面からも、責任を放棄しているように感じられます。

高校水泳部困った 福島県教委が飛び込み禁止(河北新報) - Yahoo!ニュース


7 月22日6時12分配信 河北新報

 福島県教委が1日付で県立学校のプールでスタート台から飛び込む行為を全面禁止にした措置に、高校の水泳部員が困惑している。県立高校のプールに飛び込んだレスリング部員が死亡した事故を受けて出された通達だが、国体予選の県総体が目前に迫る水泳部員は大会に向けたタイム測定さえままならない。やむを得ず禁を破る高校もあり、水泳部関係者からは「経験を積んだ水泳部員なら危険はないのに」と通達解除を求める声が出ている。


 事故は6月10日、大沼高(会津美里町)で起きた。レスリング部の1年男子(16)が練習の一環で部員らとプールに入り、高さ約60センチのスタート台から飛び込んだ際、水深約1.2メートルの底に頭をぶつけ死亡した。

 付き添っていた部顧問は「飛び込む瞬間は見ていない」といい、詳しい状況は不明。県教委は「事故原因が分かるまでの再発防止策」として、スタート台からの飛び込みを禁止した。

 1、2年の水泳部員7人が8月の県総体や9月の新人戦に向けて練習に励む福島東高(福島市)では通達後、大会に届ける自己タイムの測定のためスタート台からの飛び込みを数回行った。届け出タイムで泳ぐ順番やコースが決まるため、少しでもいいタイムを出そうと、やむにやまれず踏み切ったという。

 同部顧問の藤田敏夫教諭は「通達は尊重するが、一生懸命練習する生徒に飛び込むなとは言えない。部員は経験を積んでおり、事故の心配はないのに…」と困惑。吉田雄基主将は「飛び込みをしばらくやらないと形が崩れてしまう」と影響を懸念する。

 県高体連水泳部の村上博専門委員長(福島成蹊高教諭)は「スタートはターンと並んで重要なポイントで、練習次第では大幅にタイムを短縮できる。部活動でも禁止するのはちょっとやり過ぎではないか」と指摘する。

 このまま禁止が続けば、例えばリレー競技は練習なしで本番に臨まざるを得なくなるなど、混乱は必至。水泳部関係者は「部活動だけでも早く禁止を解除して」と訴えるが、県教委は「再発防止策が決まっておらず、夏休み中に解除するかは分からない」と話している。

最終更新:7月22日6時12分
河北新報


事故原因は、飛び込みの指導と監督・監視の不十分さの問題だと思います。この事故の責任は、厳しく追及されなくてはいけないと思います。責任者は、覚悟しておくべきだと思います。その厳しさには、事故の再発を防ぐ効果もあると思います。

しかし、その辺を有耶無耶にしつつ、ややこしい理由をつけた挙げ句に、「何もさせない」という方針が出されてしまうのは、過剰すぎる反応だと思います。

確かに、やめさせてしまえば、問題は起きないので、ある意味では「完璧な事故防止策」です。しかし、それでは、本来の活動が損なわれてしまいます。

「再発防止策」というものが、多角的に検討されることを期待するとともに、どういう意味があるのかわからない全面禁止措置は見直されるように望みます。

航空機事故などでの全面禁止の措置には、技術的な理由で、同じ原因による事故が懸念されるからこそ、意味があります。そうした措置とは、同じに考えてはいけないと思います。

ただし、おしおきのような意味合いで、飛び込み全面禁止措置がとられているのであれば、教育機関での問題であるだけに、話は別です。
[PR]
by gskay | 2008-07-25 23:45 | 安全と安心