<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
改竄……
厚労省の郵便不正に関わる事件は、結局、担当の係長の単独の犯行であり、その動機は、何らかの利益を求めるとか、巨悪の一部であったというよりは、「面倒だったから」というのが真相のようです。

この事件では、法廷での証言によって検察の調書が覆されることの連続で、違法性をともなう取り調べを想像させます。裁判で重要視されてきた署名入りの調書が、恣意的で執拗な方法でとられてきたことが、裁判を通じて明らかになってしまいました。

この裁判の経過をうけて、今後、「取り調べの透明性の確保が必須」という流れになるものだと思いましたが、「証拠の改竄」という話が浮上し、大混乱という状況になってしまい、どうなるか想像もつきません。

この混乱にあたり、取り調べなどの可視化はもちろん重要ですが、さしあたっては、無理な立件を行わないという原則をたて、その上で、徹底的な捜査をするべきだという体制を再確立する必要があると思います。

ところで、耐震偽装の一連の裁判を通じて知った事は、今日の検察は、別件にすぎない問題で、立件不能なもともとの事件をすり替えるのが常套手段になっていることでした。

ひとたび検察に「関係がある」とみなされると、たとえ、その関係に合理性がなくても、別件で起訴されます。もともとの容疑を織り交ぜた検察の無理矢理な主張が繰り返され、それがマスコミを通じて流れます。もともとの容疑については無罪や無実であっても、別件での有罪によって、もともとの容疑でも有罪であったかのような錯覚が生まれます。

裁判所は、「もともとの容疑とは関係ない」という文句を判決文に入れたりすることで、検察の主張を退けてはいますが、それは、なかなか人々には届かず、もともとの容疑が先入観となって、「悪」というイメージが残り続けます。

このような裁判のあり方は、歪んでいます。

また、そもそも、問題になるような「別件」についても、会計上の判断など、法令に曖昧なところがあって解釈が分かれるようなものがほとんどです。そこに、「悪」が潜んでいるようなものではないようなものも多いと思われます。それを、こらしめの切り札のように使っているのは姑息であると思います。

現与党の有力者をめぐる「政治とカネ」の問題も、同じようなものです。

贈収賄があるというふれこみでしたが、問題になっているのは、帳簿の記載の解釈の違いや、登記にかかわる土地種目の変更手続きの日付の解釈の問題。それらは、誤りがあった場合には、まず、行政の担当の当局と当事者が話し合って修正すべきものであって、捜査当局がしゃしゃり出るべきものではありません。

しかし、執拗なマスコミを利用したキャンペーンが行われ、すでに、担当の行政当局の手が届かぬところに来てしまっています。また、多くの人々は、何が問題なのかわからないまま、「悪」というイメージを植え付けられているように思います。

私は、裁判所が、すでに起訴されている関係者にどのような判断をするのか、関心をもっています。

元建築士を除く耐震偽装に巻き込まれた関係者の一連の刑事裁判も、与党の有力者の「政治とカネ」も、実質的に、検察の見込み違いであったと、私はみなしています。それに対し、執拗な追及を止めることができないところが、現在の検察をとりまく問題であろうと思います。誰も、冷静に、引き際を判断することが出来ていません。

こうした検察の姿勢が基盤にあるため、取り調べの透明化がすすまない上に、違法ではないのかと思われるような陰湿な情報リークが続いてしまうのだと思います。

さて、今回発覚した「証拠の改竄」は、構造計算書の偽装や、郵便不正に用いられた偽の証明書と同じ性質の問題だと思います。ただ、この3者の中で、国家にとってもっとも深刻なのは、「証拠の改竄」ではないかと思います。刑罰という国家が独占する権限の信頼性が崩れてしまいました。厳格な処分を行うことは当然だと思いますが、改竄の発覚の影響についての適切な対処が必要だと思います。

検察の取り調べや証拠についての信頼性が損なわれたために、多くの裁判が混乱することになると思います。これに対し、検察が基本に立ち返ることは不可欠ですが、裁判所にも、毅然とした判断が必要だと思います。裁判所は、検察側の不十分な主張や、不適切な主張を、的確に退けていかなければ、裁判所の権威を保つことが出来ません。裁判所の自律が試されると思います。

この時期に、このような混乱をしているのは、国際的には、大損失です。「中国漁船問題」があり、日本の司直の信頼性が疑われることが、国益を損なうことにつながります。中国側の強い圧力に口実を与えるような事件だと思います。

この混乱は、あまりに重大です。しかし、適切な出口を、この事件でも、見つけられなくなってしまうのではないかと恐れています。

誰が主体になって取り組むべき問題であるのかという点からきちんと議論し、なるべく早く、立法による解決の道筋を示すべきだと思います。検察の自浄作用や自律にまかせるのは、政治の無責任だと思います。官僚を大切にすることは、放ったらかしにすることは違います。

まず、「正しい検察」を作らなければいけないと思います。「強い検察」は、この状況では、二の次です。
[PR]
by gskay | 2010-09-22 04:39 | 真相 構図 処分
レンジとレンジフードの離隔距離
建て直し中のマンションは、様々なところに自由がききます。分譲とは異なるメリットだと思いますが、おかげで、いろいろな規制があることを思い知らされます。

つい先日、設計を担当する建築士さんからメールが来ました。希望したキッチンの高さを確保すると、法的に必要なレンジとレンジフードの間の「離隔距離」がわずかに取れないとのこと。そこで、キッチンを低くするか、レンジフードを別のものに変更するかの判断が必要とのこと。別のレンジフードにすると追加料金がかかるそうです。

設計というのは、とても細かい仕事であると、あらためて感心しています。

私は、今まで、建築士には、技術者としての裁量が広く与えられていると考えていましたが、現実は、むしろ逆。まるで細かい規制に適応させることが建築士の仕事のようであり、国家資格は、その規制に適応させる能力についての資格であるように思います。

技術は、日進月歩であり、それに追い付いていくために、プロフェッショナルは常に努力しなくてはいけません。その努力の先には、先進的な技術の創造も期待されていると思います。国家資格を持つことによって生じる裁量の余地が、進歩の原動力になりうると思います。

しかし、そういう能力が必ずしも国家資格として認定されているわけではないようです。

現実には、国家資格を持つ事によって、規制にあわせることに拘泥してしまうことになります。これでは、技術の本質を忘れてしまう人が出てもおかしくないのではないかと思います。法令にあわせる努力ばかりになってしまって、技術の正しさの検証の重要性が二の次になってしまうおそれを感じます。

そうした本質を忘れたところに、耐震偽装が生まれる余地があったのではないかと思います。

基準や規制、規格は、技術の進歩によって変更されるものです。その変更の細かい内容だけでなく、その内容の背景にある技術の進歩についても思いを巡らせることができ、自分なりの見解をもったプロフェッショナルであってほしいと思います。

わたしは、技術的な妥当性を建築士が立証することができるのであれば、法令の基準を外れる設計であっても構わないという仕組みを作ってもいいという考えです。逆にいうと、技術的な妥当性を立証できる能力がない建築士は、基準を遵守しなくてはなりません。

法令の基準に外れた設計などを、技術的に評価する仕組みが、現状ではしっかりしていないように思います。建築士同士の議論でも良いし、公的な建築主事や検査機関との議論でも良いと思いますが、そうした議論が必要ではないかと思います。プロフェッショナル同士の、そうした厳しさの中で、優秀な建築士は育つのではないかと思います。

今回のレンジとレンジフードと離隔距離のようなものは、そんな煩わしいことをする必要がある問題だとは思えません。ただ、担当の建築士さんの苦労は、技術者やプロフェッショナルの喜びのような形では報われるような苦労ではないだろうと気の毒に思っています。
[PR]
by gskay | 2010-09-16 13:15 | 建て直し