結局…
職場の上司の退職にともなう後任の公募に応募しました。4人が最終選考に残り、所属機関の内部からの候補が2人と外部からの候補が2人でした。結局、外部からの候補が選ばれ、私はダメでした。

選考委員会への提出物やプレセンテーションを準備する過程で、これまでのキャリアの総括をすることができました。やれることはやれたので、満足しています。

選考委員会では良い評価を頂戴したようです。ただ、他の候補に比べて10歳若いというようなところが問題となり、「見送り」になったという説明を受けました。提出物やプレゼンテーションに関しては、勝ちをおさめることができたようですが、最終結果にそれが結びつきませんでした。

フェアではないという怒りや慰めをくれる人が大勢いますが、本人はあまり深刻ではありません。

この選考は、役者のオーディションのようなもので、最高の候補が選ばれるのではなく、最適な候補が選ばれるという競争です。能力を評価すること以上に、演出家の構想にあっていることが重要です。

その点で、選考委員会で審議されるような能力については良好でしたが、根回しだとか政治力だとか、影響力、人間関係などいう他の要素を加味すると選ばれた候補が、今の上層部にとって最適だったということだと思います。

杓子定規に選考委員会の審議のみで決めるよりも現実的であろうと思います。

現在、長期出張の形で別の機関で仕事をしていることがほとんどで、そちらの仕事はとても順調で、高い評価をもらっています。待遇も評価も、出張先での方が高いくらいです。しかも、快適。

もし、選考に選ばれて昇進した場合、その仕事を中断しなくてはいけないことになるということを悩んでいましたが、その悩みが消えて安心しています。

上層部からは、忙しい時には新しい上司のアシストをしながら、長期出張でしている仕事を続けるようにといわれました。それに納得しています。

応募する以上、選考には勝ちたいが、長期出張の仕事も続けたいという欲張りな目標を設定していました。

最終的に選出されなかったことは残念ですが、選考レースには勝っていたことがわかり、準備を手伝ってくれたスタッフも満足してくれました。

結局、欲張りな目標は、どちらも手に入れることができたように思います。

ポジションについた場合にやりたかったことができないことを残念がってくれる人も大勢居ます。しかし、今でなくてもできることであり、今しかできない長期出張での仕事に専念できる状況をありがたいことだと感じています。

選考以降、泡沫候補のはずだった私が思わぬ健闘をしてしまったためか、混乱が続いてきました。そちらへの対処に気をとられていました。思惑が外れてしまった人は、あまりジタバタすると辻褄があわなくなるのではないかと、他人事ながら心配しています。

普段よりも派手な宴が催され、退職予定の上司からのねぎらいを頂戴し、ここでの仕事は一段落。後始末は完璧ではないものの、長期出張先に戻ることになりました。
[PR]
by gskay | 2009-02-04 14:53 | いろいろ